過去の展覧会

ULTRA2014に出展

Kyoko Seara α&ω Tachibana Gallery 世良京子 橘画廊
橘画廊は今秋、東京・表参道の複合文化施設スパイラルで開かれるアートフェア、ULTRA2014に参加します。アーティストは世良京子(絵画)、高木義隆(絵画)、西嶋みゆき(版画)、河合真里(絵画)です。 画像は世良京子「αとω」。

日時:10月25日(土)~28日(火) 午前11時~午後8時
会場:スパイラルガーデン(東京都港区南青山5-6-23)
入場料:無料 

世良京子(せら・きょうこ) 1957年福岡県生まれ、81年東京造形大彫刻科卒。94年第1回VOCA賞受賞。2000年文化庁新進芸術家海外派遣制度によりニューヨーク滞在。01年資生堂椿会展/SHISEIDO GALLERY (05年まで5回)、渡米、ニューヨークを拠点に活動。12年帰国、14年橘画廊で「世良京子展 天体の音楽」

高木義隆(たかぎ・よしたか) 1972年大阪生まれ、93年大阪美術専門学校卒。94年からギャラリー白(大阪市)、CUBIC GALLERY(同)などで個展多数。2012年橘画廊で高木義隆展。 

西嶋みゆき(にしじま・みゆき) 1983年大阪生まれ。2006年近畿大卒、京展須田賞。08年~12年GALLERYはねうさぎ(京都市)で個展。11年gallery CLASS(生駒市)で個展。12年橘画廊で個展「こけむすあさ」、13年橘画廊で個展「うつせみのかがみ」 

河合真里(かわい・まり) 1987年兵庫県生まれ、2012年武蔵野美術大大学院造形研究科美術専攻修了。13年に個展「トーキョーワンダーウォール都庁2012 ある光景」(東京都庁第一本庁舎)、同じく「TWS-Emerging210 層の記憶」(トーキョーワンダーサイト本郷/東京)。14年橘画廊でグループ展「膜をほどこす」

北京のCIGE 2014に出展

橘画廊は北京で開かれるアートフェア、China International Gallery Exposition(CIGE)2014に出展します。アーティストは伊東敏光、ブースはA9です。

日時: 10月10日(金)~13日(月)、9日(木)VIPプレビュー
会場: チャイナ・ナショナル・コンベンション・センター

Tachibana Gallery will participate in the art fair China International Gallery Exposition(CIGE)2014.
Artist: Toshimitsu Ito
VIP preview: October 9
General admission: October 10~13
Venue: China National Convention Center
Booth Number: A9
For details: CIGE website

ACAS HONG KONG 2014に参加


橘画廊は香港の超高層ホテル、コンラッド香港で開かれるアートフェア、Asia Contemporary Art Show (ACAS) HONG KONG 2014に参加します。アーティストは安藤栄作(彫刻)、中井敦子(油彩画)、福元章子(日本画)。部屋番号は4324号です。画像は中井敦子「枯れてゆく花(Dying flowers)」(左)と福元章子「醒めない夢を(Dreams which never disappear)」。

日時: 10月2日(木)~5日(日)
会場: コンラッド香港
入場料:VIPチケット260香港ドル(3日のVIPアートナイトに入場可)、一般チケット180香港ドル、2日は招待者のみ

Tachibana Gallery will participate in the art fair Asia Contemporary Art Show (ACAS) HONG KONG 2014.
Artists: Eisaku Ando, Atsuko Nakai, Shoko Fukumoto
VIP Collectors preview (by invitation): October 2
General admission: October 3~5
Venue: Conrad Hong Kong
Room Number: 4324
For details: ACAS website

Eisaku Ando
Eisaku Ando is a sculptor who hacks at raw lumber with an axe to bring forth figures resembling people extending arms to shake hands, or shapes such as imaginary animals. The theme of the work is “the rapport between man and nature.” The simple and radical technique which he uses to create small works of a few centimeters as well as large works of several meters is closely related to this theme. 

1961 Born in Tokyo
1985 BFA Sculpture, Tokyo University of the Arts

Atsuko Nakai
Atsuko Nakai is a painter who merges self-portrait with the irrational; a woman and cat swimming calmly in angry waters against the backdrop of an erupting volcano; animals with human faces which act like people. Nakai paints by dipping into her natural feelings at the time based on the scenery and characters in the motif. She will present new works based on the “Wind God and Thunder God” painted screens of 17th century. 

1979 Born in Osaka
2005 BFA, Kyoto City university of Arts

Shoko Fukumoto
Shoko Fukumoto is a Japanese-style painter who draws people, flowers, insects, etc. through the delicate use of color. “Japanese-style painting” is the creation of paintings using traditional Japanese natural mineral pigments and glue following an established painting style. Fukumoto keeps the dignity and decorativeness of Japanese-style painting, and although beautiful, her paintings possess a double meaning which is somehow disquieting, expressing a unique aesthetic sense.

1984 Born in Osaka
2008 BFA, Kyoto City University of Arts
2010 MFA, Kyoto City University of Arts

wtnb..kana展 10このみずたまり

 

wtnb..kana exhibition- Fairy pools -
2014年9月2日~20日(日曜・月曜休、正午~午後7時、20日は午後5時まで)

太陽の光が差せば青く輝き、かげれば色あせる浅い海。wtnb..kanaKana Watanabe)は10年以上前に始めたスキューバダイビングで、水面に浮上するときに包まれた光や音に地上とはまったく別の世界を感じました。そこは、いつまでもとどまることを許さない生と死のあわい。陸から眺めていたときには気づかなかった海の一面が彼女を魅了しました。 

彼女が水中から見た海はただ美しいだけの存在ではありません。呼吸のできない恐怖と圧迫感がもたらす感情は畏敬の念を通り越し、「私はここで生きていくことはできない」と瞬時に悟りました。そして、そうした非日常の空間がもたらす感情を表現したいという思いに駆られました。 

今回の個展では、照明を落とした展示室に一辺10~20センチの立体作品10点を並べます。それぞれ水をはったアクリルの箱の下に油彩画を置き、LED(発光ダイオード)を使って絵画と水を照らします。wtnb..kanaが青を基調に描く絵画の主題はキラキラと光を反映する海。暗闇の中の光によって、美しさとともに怖さも少し感じさせる海の幻影が箱の中の水面に浮かびます。

動画に登場するのは参考作品の「みずたまり‐3つの共鳴‐」(2011年、34×32×32センチ、ミクストメディア)。

wtnb..kana(渡邉加奈=わたなべ・かな) 1982年大阪生まれ、2011年大阪芸術大芸術学部卒。同年SoHoアートギャラリー(大阪市)で個展「海Χ回」。

AHAF SEOUL 2014に参加


橘画廊は韓国のロッテホテル・ソウルで開かれるホテル型アートフェア、AHAF SEOUL 2014に参加します。アーティストは伊東敏光(彫刻)、長谷川浩子(彫刻)、芝田知佳(染色)、河合真里(絵画)。部屋番号は1864号です。写真はAHAF Hong Kong 2014での橘画廊展示風景(手前は伊東敏光「AA60(Mesa, Cactus)」)。

日時:8月22日(金)~24日(日)
会場:ロッテホテル・ソウル
*入場は招待者のみです

Tachibana Gallery will participate in the art fair AHAF SEOUL 2014.
Artists: Toshimitsu Ito, Hiroko Hasegawa, Chika Shibata, Mari Kawai
Date: August 22 Fri. (Press / VIP), 23Sat. (VIP only), 24Sun. (VIP / Invitation)
Venue: LOTTE HOTEL SEOUL
Room Number: 1864
For details: AHAF SEOUL website

Pages: Prev 1 2 3 ...8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 Next