過去の展覧会

wtnb..kana展 10このみずたまり

 

wtnb..kana exhibition- Fairy pools -
2014年9月2日~20日(日曜・月曜休、正午~午後7時、20日は午後5時まで)

太陽の光が差せば青く輝き、かげれば色あせる浅い海。wtnb..kana(Kana Watanabe)は10年以上前に始めたスキューバダイビングで、水面に浮上するときに包まれた光や音に地上とはまったく別の世界を感じました。そこは、いつまでもとどまることを許さない生と死のあわい。陸から眺めていたときには気づかなかった海の一面が彼女を魅了しました。

彼女が水中から見た海はただ美しいだけの存在ではありません。呼吸のできない恐怖と圧迫感がもたらす感情は畏敬の念を通り越し、「私はここで生きていくことはできない」と瞬時に悟りました。そして、そうした非日常の空間がもたらす感情を表現したいという思いに駆られました。

今回の個展では、照明を落とした展示室に一辺10~20センチの立体作品10点を並べます。それぞれ水をはったアクリルの箱の下に油彩画を置き、LED(発光ダイオード)を使って絵画と水を照らします。wtnb..kanaが青を基調に描く絵画の主題はキラキラと光を反映する海。暗闇の中の光によって、美しさとともに怖さも少し感じさせる海の幻影が箱の中の水面に浮かびます。

動画に登場するのは参考作品の「みずたまり‐3つの共鳴‐」(2011年、34×32×32センチ、ミクストメディア)。

wtnb..kana(渡邉加奈=わたなべ・かな) 1982年大阪生まれ、2011年大阪芸術大芸術学部卒。同年SoHoアートギャラリー(大阪市)で個展「海Χ回」。

AHAF SEOUL 2014に参加


橘画廊は韓国のロッテホテル・ソウルで開かれるホテル型アートフェア、AHAF SEOUL 2014に参加します。アーティストは伊東敏光(彫刻)、長谷川浩子(彫刻)、芝田知佳(染色)、河合真里(絵画)。部屋番号は1864号です。写真はAHAF Hong Kong 2014での橘画廊展示風景(手前は伊東敏光「AA60(Mesa, Cactus)」)。

日時:8月22日(金)~24日(日)会場:ロッテホテル・ソウル
*入場は招待者のみです

Tachibana Gallery will participate in the art fair AHAF SEOUL 2014.
Artists: Toshimitsu Ito, Hiroko Hasegawa, Chika Shibata, Mari Kawai
Date: August 22 Fri. (Press / VIP), 23Sat. (VIP only), 24Sun. (VIP / Invitation)
Venue: LOTTE HOTEL SEOUL
Room Number: 1864
For details: AHAF SEOUL website

ART NAGOYA 2014に参加

Shohei Tachikawa Tachibana Gallery
橘画廊は8月に名古屋市のウェスティンナゴヤキャッスルで開かれるホテル型アートフェア、ART NAGOYA 2014に参加します。アーティストは中井敦子、刀川昇平、山地咲希。部屋番号は932号です。写真は刀川のアトリエ風景。

日時:8月1日(金)午後1時~7時半(プレビュー)
      8月2日(土)午前11~午後7時(一般公開)
     8月3日(日)午前11~午後6時(一般公開)
会場:ウェスティンナゴヤキャッスル9階
出展ギャラリー:26
入場料:1,000円

Tachibana Gallery will participate in ART NAGOYA 2014.
Date: August 1 Fri. (VIP preview) 
         August 2 Sat., 3 Sun. (Public Open)
Venue: The Westin Nagoya Castle 9th floor
Room Number: 932
Artists: Atsuko Nakai, Shohei Tachikawa, Saki Yamaji
Participating Galleries: 26
Admission: ¥1,000/ 1 day pass
For details: ART NAGOYA website

中井敦子(なかい・あつこ) 1979年大阪生まれ、2005年京都市立芸術大美術学部油画専攻卒。11年、12年ギャラリーモーニング(京都市)で個展。12年橘画廊(大阪市)で個展「Spring on Paper」、13年橘画廊で個展「つかのあひだ」。

刀川昇平(たちかわ・しょうへい) 1983年広島県生まれ、2006年大阪芸術大芸術学部卒。<主な個展>05、06、08、13年ギャラリー白(大阪市)、09年ギャラリーG(広島市)、09、11年Art Space HAP(同)、10年ジノ・コンガン(韓国ソウル)。10、12年ヱビデンギャラリー(広島市)。12年橘画廊(大阪市)「Life」

山地咲希(やまじ・さき) 1986年香川県生まれ、2009年大阪成蹊大芸術学部卒。10年京展市長賞。<主な個展>07年高松市美術館市民ギャラリー、08年GALLERY SUZUKI(京都市)、13年ギャラリーメゾンダール(大阪市)。   14年橘画廊でグループ展「Sunbeams」

芝田知佳展 La Mer Hotel Ebi

Chika Shibata La Mer Hotel Ebi Tachibana Gallery
Chika Shibata exhibition  La Mer Hotel Ebi
2014年7月12、13日、ホテルグランヴィア大阪6036号(ART OSAKA 2014) 

人の名前や地名など事実に関する記憶には正解があり、意識的に想起することができます。忘れたとしても、調べ直すことができるでしょう。しかし、いつ、どこで、何が起こったかといったエピソードの記憶は、ひとたび忘れてしまえば思い出すのが容易ではなく、想起したとしても歪曲される可能性があります。

実体験の記憶でさえ歪(ゆが)められるのだとすれば、対象のない知覚である(睡眠時の)夢の記憶は、記憶というにはあまりにも心もとない心理的経験なのかもしれません。芝田知佳はそうした非合理な「夢の記憶」を色や形に変換し、シルクスクリーンや染色などの技法を使って表現しています。

大きな地震が発生したにもかかわらず、何ごともなかったかのようにテーマパークのアトラクションが動き続けていた――。彼女はそんな夢を見たことがありました。視覚情報でもない、頭の中の出来事にからむ「あいまいなのに妙にリアルな感じ」。なぜかそこから、抽象模様である斜線とゆがんだチェック、そしてほぼ唯一の具象的イメージであるエビの群れが浮かんできました。

ART OSAKA 2014で個展形式で発表する「La Mer Hotel Ebi」はホテルの客室空間そのものが作品。芝田は、海沿いにある客室数20程度の小さなホテルの一室を思い描き、カーテンやベッドカバー、ランプ、カップなどをつくりました。非合理主義のシュルレアリスム(エビ)と合理主義の抽象的空間(斜線、チェック)。それらの対立がもたらす軽やかな不協和音が宿泊者を記憶の迷宮へと誘います。写真は「La Mer Hotel Ebi(部分)」。

芝田知佳(しばた・ちか) 1984年兵庫県生まれ。2007年女子美術大芸術学部卒、09年東京芸術大大学院美術研究科修了。13年橘画廊(大阪市)で個展「YY/MM/dd」

 

 

ART OSAKA 2014に参加

Ryushin Mitamura Tachibana Gallery
橘画廊は7月に開かれる日本最大のホテル型アートフェア「ART OSAKA 2014」に参加します。アーティストは河合美和(絵画)、長谷川浩子(彫刻)、三田村龍伸(写真・映像)、芝田知佳(染色)。部屋番号は6005号と6036号です。写真は三田村龍伸「ロマンティックウインターⅠ」(2013年、29.7×42センチ、インクジェットプリント)。

日時:7月11日(金)午後2~8時(プレビュー)
    7月12日(土)午前11~午後6時、13日(日)午前11~午後7時(一般公開)
会場:ホテルグランヴィア大阪26階(JR大阪駅直結)
出展ギャラリー:53
入場料:1,500円

Tachibana Gallery is proud to participate in  ART OSAKA 2014.
Room Number: 6005&6036
Artists: Miwa Kawai, Hiroko Hasegawa, Ryushin Mitamura , Chika Shibata
Date: July 11 Fri. (VIP preview)
         July 12 Sat., 13 Sun. (Public Open)
Venue: Hotel Granvia Osaka 26th floor
Participating Galleries: 53
Admission: ¥1,500/ 1 day pass
For details:
ART OSAKAwebsite

河合美和
1960年 兵庫県生まれ
1984年 京都市立芸術大美術学部卒
河合美和は「木と木の間」を描き、降り注ぐ光のイメージを表現する画家です。六甲山を歩いていて木漏れ日が差したときに、遠近感が失われ自分の立ち位置が揺らぐようなあいまいな空間を感じたことが制作のきっかけでした。いくつも重ねた「木と木の間」に自在に光を散らし、絵画ならではの複雑な奥行きを生み出しています。

長谷川浩子
1961年 新潟県生まれ
1988年 東京芸術大大学院美術研究科修了
長谷川浩子はヒノキ、マツ、サクラなどを素材に、翼を思わせる流線形や人の姿をかたどった彫刻を制作しています。胡粉(白色顔料)を塗ったなめらかな表面とシンプルなフォルムは優しさを感じさせます。そして彼女の祈りにも似た造形はあらゆる生き物に地下水脈のようにつながっている形をも思わせます。

三田村龍伸
1980年 神奈川県生まれ
2011年 日本大学大学院芸術研究科博士後期課程修了
三田村龍伸は写真と映像の撮影、加工を通して、自身の生活を記録するアーティストです。風景などの写真、映像を撮影後、コンピューターによって抽象的な形やカラフルな色彩を付け加え、動感や生命感を伴う肯定的なエネルギーを表現します。ART OSAKA 2014では、宮崎県の山中で目にした木漏れ日を主題にした映像の新作などを発表します。

芝田知佳
1984年 兵庫県生まれ
2009年 東京芸術大大学院美術研究科修了
2013年 橘画廊で個展YY/MM/dd
芝田知佳は染色、シルクスクリーン、ドローイングの技法を使い、軽やかな色彩で作家本人の記憶に刻まれたイメージを表現する現代美術作家です。ART OSAKA 2014の6036号室では、La Mer Hotel Ebiと題した個展形式で夢の中のような不条理な物語を展開します。

Miwa Kawai
Miwa Kawai, creator of Between the Trees, is a painter who presents images of downpouring light. Walking through Mount Rokko, when the sunlight filtering through the trees shines down, all sense of perspective is lost and you feel your own position swaying in an ambiguous space; that was the impetus of this work. Light scatters freely through numerous layers between the trees and creates the complex depth characteristic of this painting. 

Hiroko Hasegawa
Using materials such as Japanese cypress, pine and cherry tree, Hiroko Hasegawa creates streamlined shapes reminiscent of wings, and sculptures modeled on the human figure. The smooth surfaces painted with white chalk and the simple forms give a gentle impression. And these forms look like shapes evoking the connection, like underground currents of water, between all living things.

Ryushin Mitamura
Ryushin Mitamura is an artist who creates photographs and videos, and through the process records his own life. After shooting photographs and videos of landscapes, etc., Mitamura uses the computer to add abstract shapes and colorful tints, expressing positive energy full of feelings of motion and life. Mitamura’s new works, including those on the subject of witnessing sunlight filtering through the trees in the mountains of Miyazaki Prefecture will be exhibited at ART OSAKA 2014.

Chika Shibata
Chika Shibata is a contemporary artist who expresses the images carved from her recollections through light colors using the techniques of dyeing, silkscreen and drawing. At ART OSAKA 2014 in room 6036, Shibata will hold an one-woman exhibition entitled La Mer Hotel Ebi and will unfold her irrational tale like events seen in a dream.

 

Pages: Prev 1 2 3 ...13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 Next