過去の展覧会

被災建築物の保存を考える


宮本佳明展に向けて
 

3月に展覧会を開く建築家の宮本佳明は、ある被災建築物の保存、活用方法を提案します。広島の原爆ドーム、独ドレスデンのフラウエン教会(写真)など被災建築物の扱いにはいくつかのパターンがありますが、宮本は従来にない方法を考えました。その方法を明らかにする前に、歴史上の被災建築物の保存方法をおさらいしてみます。

まず日本で有名なのは、世界遺産に登録された広島の原爆ドームでしょう。第2次世界大戦末、原子爆弾によって被爆した広島県産業奨励館(原爆ドーム)は全焼。残骸を残すか取り壊すか議論がありましたが、1966年、広島市議会が原爆ドーム保存の要望を決議し、悲惨な出来事の象徴として保存されました。

18世紀前半の建築物であるフラウエン教会も、被災時のままの凍結保存が半世紀近く続きました。1945年2月13日、ドレスデンは英空軍の爆撃を受け、市域の75%が破壊。その中で市民は同教会の瓦礫(がれき)の山から再利用できる石材の選別作業を始めましたが、東独政府は「主としては費用がないため、またひとつには『資本主義の文化破壊の暴挙』の宣伝のため」(高橋哲雄「ドレスデンとコヴェントリ」(大阪商業大学商業史博物館紀要第5号)、復元を認めませんでした。

しかし89年のベルリンの壁崩壊後、復元へと方針が変わり、2005年に完成しました。建物には、瓦礫の山から拾い出され、かつての位置を突き止めた黒い石材と新しい石材が混ざっています。高橋によると、同教会の復元には、再統合されたヨーロッパの民族の和解の象徴という位置づけもありました。

一方、01年の米同時多発テロで倒壊したワールドトレードセンターの跡地、グラウンド・ゼロでは、高さ1776フィート(541メートル)の1WTCを含む超高層ビル群と記念碑の建設が進んでいます。凍結保存、復元、改築。さて、宮本の案は……。(2012年2月4日)

福田遼子展

Ryoko Fukuta Tachibana Gallery
2012年2月6日~11日

徳島県在住の画家、福田遼子の個展です。描いているのは、人の体内を漂う感覚をイメージしたカラフルで清らかな抽象画。先に塗った絵の具が乾かないうちに他の色を塗り、にじみの効果を出す「たらしこみ」の技法を使っています。写真は油彩画「血中花」(13.9×17.9センチ)。さらさらとした血液の中で生命の力が湧き出てくるかのようです。油彩画と水彩画の小品合わせて25点を出品します。
(月~金曜午前11時~午後7時、11日正午~午後5時)

作家コメント
母体から聴こえる鼓動や、生まれる前に体験した胎内を漂う感覚、血液や体液に浸る感覚は無条件の安心感と親しみを与えてくれると考えています。そのため、人の体内を漂っているような、不思議だけど居心地の良い空間の表現を目指しています。

福田遼子(ふくた・りょうこ) 1987年徳島県生まれ。2011年鳴門教育大大学院美術コース修了、Gallery銀座フォレスト(東京)、GALLERY SUZUKI(京都市)で個展、第46回関西国展奨励賞受賞。

友田多恵子展

Taeko Tomoda Tachibana Gallery
2012年1月24日~2月3日(日曜休)

石のような硬いものに囲まれた環境は人間に安心と秩序だけでなく誇りをもたらします。コンクリートジャングルと呼ばれる都会に人々が集まってくるのは、誇りを持ちたいという欲望の表れかもしれません。しかし硬いと思っていたものが、さほど硬くなかったら……。欲望の根拠に疑問を抱かざるを得ないでしょう。

造形作家の友田多恵子がつくっているのは紙です。ビルの屋上で、楮(こうぞ)とパルプを溶かした原料を裏打ち布に合わせて溜漉(ためす)きし、自然乾燥させます。原料の段階で墨や鉄さびを混ぜておくため、黒い岩か石のような色合いの紙が出来上がります。湾曲させて立体にすればご覧の通り(写真は海岸通ギャラリーCASOでの展示)。重厚な物体がどっしりと存在感を放ちます。

見た人が「岩みたいやね」と言えば、友田は「そうやね」と答えますが、本人には岩や石をつくっているとう意識はないそうです。ただ「アートには驚きがないとつまらないから」とも。価値観を混乱させる意図はないとしても、作品を目の前にして驚いている人を見るのはそれなりに楽しいようです。

紙の作品たちの声が聞こえてこないでしょうか。「うちら岩みたいやね」「そうやね」

紙の作品によるインスタレーションを予定。
(月~金曜午前11時~午後7時、土曜正午~午後5時)

友田多恵子のこれまでの主な展覧会
<個展>
2000年 Gallery KURANUKI(大阪)
2006、09、10年 海岸通ギャラリーCASO(大阪)
2008年 OST ART GALLERY(ベルリン)
<グループ展>
1990年 国際花と緑の博覧会(大阪)
2006~11年 福井市美術館「素材と表現展」
2011年 清州国際工芸ビエンナーレ(韓国)
Le spectacle de la nature-Japon(仏ブルージュ)

父という文字の原形

Eisaku Ando Tachibana Gallery 安藤栄作 橘画廊
安藤栄作展 天と地の和解
2011年12月5日~24日(日曜・祝日休)

展示室にヒノキの香りが立ち込めています。安藤が今回の個展に出品した木彫は、高さ2メートル数十センチのシリーズ「天と地の和解」5点をはじめ14点。すべて東日本大震災の後の作品ですが、このうち「天と地の和解」2点を含む5点は11月後半以降に完成した、できたてのほやほや。斧の刃の跡も新鮮です。

大作は屋外で制作します。アトリエのある奈良県明日香村は晩秋ともなれば冷え込みますが、斧を振るたびに体が温まり、上半身はシャツ一枚に。汗をかいたらタオルで素早く拭き取り、彫刻を眺めます。手斧一本での制作を始めて20年以上。「調子の良いときは自分が宇宙のエネルギーの通り道になって自然と手が動く」と言います。

いつごろだったか、文明が発展すれば農業も工業も機械が担うようになり、人間は肉体の労働から解放されると言われたことがありました。たしかに肉体の労働は減ったのでしょうが、身体性は人間の尊厳にとって大切なものであることもわかってきました。斧で何度も何度も木をたたく安藤は全身で人間の尊厳を保とうとしているかのようです。

彼はエッセイ集「降りてくる空気」(スモルト)の中で、子供が2人いるというのに父親としての自信が持てず、劣等感を抱いていたと明かしています。しかしある日、テレビで文字の意味を教える番組を見て、「父」の字がもともとは斧を持つ人の姿を表していたと知りました。「おれは毎日斧を手に仕事をしている。おれこそ父という文字の原形を地でいっている人間だ」。以来、斧を手に取ると、父としての自覚がみなぎるそうです。
(月~金曜午前11時~午後7時、土曜正午~午後5時)

安藤栄作展 天と地の和解

Eisaku Ando Tachibana Gallery
2011年12月5日~24日(日曜・祝日休)

東日本大震災では、多くの芸術家も被災しました。福島県いわき市に住んでいた彫刻家、安藤栄作もその一人です。激しく揺さぶられた芸術家は何を思うのでしょうか。避難先を転々とした後、奈良県明日香村に移住した安藤は、今回の個展のタイトルを「天と地の和解」としました。

安藤は東京生まれの東京育ち。「このまま人間の作ったシステムの中だけにいて一生を終わるのだろうか」と疑問を抱き、20年ほど前、いわき市の山の中に移り住みました。雲のかたまりが次々と太平洋めがけて飛んでいく空を見上げたり、村全体を赤紫に染める夕日を眺めたりしながら、木を相手に手斧一本で彫刻の制作に打ち込んでいました。15年を経て沿岸部に移住。今年3月11日、大震災発生時は家族とショッピングセンターにいて無事でしたが、津波と火災によって自宅とアトリエ、そして大小数百点の作品はすべて失われました。

新天地の飛鳥は「若いころ好きだった」という土地です。仕事道具は相変わらず手斧一本。斧で丸太をガンガン叩き、手などの形をつくり出します。ノミとこづちではありません。最もシンプルでラジカルな手法から、荒々しいマチエールの彫刻が生まれます。

大震災以前、安藤は「人間は自分だけが生き残ればよいという競争社会に浸っている」と思っていました。しかし3月11日の後、「膨大な破壊と感情の揺さぶりの中で多くの人の生き方が変わり、バラバラだった人々の心がつながり始めた」と感じています。個展のタイトル「天と地の和解」には、「人と人、人と自然、魂と宇宙」といったものが和解を始める壮大なイメージを託したといいます。展覧会には、移住後に制作した木の彫刻ほかドローイングも出品します。写真は「天と地の和解」(ヒノキ、2011年)。

安藤栄作(あんどう・えいさく)
1961年東京生まれ、86年東京芸大彫刻科卒。90年いわき市に移住。97年第5回国際コンテンポラリーアートフェスティバル参加、2001年グループ展「ヴァイブレーション 結び合う知覚」(宇都宮美術館)、05年グループ展「アジアの潜在力 海と島が育んだ美術」(愛知県美術館)、07年東京国際フォーラム個展、09年越後妻有アートトリエンナーレ参加。11年奈良県明日香村に移住。

Pages: Prev 1 2 3 ...8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 Next