過去の展覧会

竹島善一写真展「会津 昭和五十年代の記憶」

竹島善一 下郷町大内 1970 橘画廊
Yoshikazu Takeshima exhibition
前期2013年3月4日~9日、後期3月11日~23日(日曜休)

福島県の奥会津を40年以上モノクロームで撮り続けている写真家がいます。東京在住の竹島善一。ライカを手に農村に入っていったのは木村伊兵衛(1901~74年)と同じですが、一つの地域に注ぎ込んだエネルギーが尋常ではありません。木村が秋田を訪れたのは52年から71年にかけての21回。これに対し、竹島の奥会津での撮影は1000回以上にのぼります。

生まれも育ちも東京の竹島が奥会津に初めて触れたのは1970年真冬の朝。弘前への撮影行の帰路、夜行列車の乗り換えで偶然に乗ってしまった列車の窓から会津盆地の雪景色を眺めるという形での出会いでした。本業はうなぎ屋ですが、以来、日曜の夜に店を閉めた後、夜行列車に乗って奥会津に入り、定休日である月曜の夕方まで撮影するという生活を続けました。若いころはそれがほぼ毎週。年をとってからはさすがに頻度が落ちたものの、今も自ら車を運転し、奥会津へ出かけていきます。

撮影しているのは茅葺屋根の民家、軒先の風景、話好きのおばあさんに、外で遊ぶ子供たち……。竹島は奇をてらわず、「被写体に語らせる」という姿勢を貫き、対象の自然な姿にさりげなくカメラを向けてきました。30年、40年たってみれば、そうして撮られた数多くの写真がある時代への鎮魂歌として浮かび上がってきます。

もともと「生きているうちに人に見せるつもりはなかった」そうですが、10年ほど前から作品の公開を求める声が相次ぎ、展示の機会が生まれました。今回の展覧会では、茅葺民家の生活がかろうじて残っていた昭和50年代に絞り、前期と後期に分け合計約20点を展示します。すべて本人が現像し、プリントしたモノクロ写真です。上の写真は1970年1月、福島県下郷町大内で。竹島が初めての奥会津で撮った一枚です。
(月~金曜正午~午後7時、土曜正午~午後5時、3月20日も営業)

竹島善一(たけしま・よしかず) 1935年東京生まれ。蒲焼き店経営のかたわら、奥会津の人や風物を主な専門として写真を撮り続ける。アフガニスタン、中国などでも撮影。2012年、アフガニスタンを主題にギャラリー412(東京・青山)で個展。著書に『会津農の風景』『谿声山色』『蘇る記憶Ⅰ』『蘇る記憶Ⅱ』など。
「竹島善一の話」(撮影の経緯など)

タリーズでも福田遼子展

Ryoko Fukuta Tachibana Gallery
3月22日まで、タリーズコーヒーオリックス本町ビル店(大阪市西区)でも、福田遼子展を開催します。同店は橘画廊から徒歩1分、オリックス本町ビル地下1階。平日の画廊の営業時間内は同店もオープンしています。

福田遼子展

福田遼子 幸せとその先 橘画廊
Ryoko Fukuta exhibition
2013年3月4日~23日(日曜休)

一瞬たりとも同じところにとどまらず流れ続ける――。福田遼子の抽象画にはそんなイメージが託されています。右へ左へ、手前へ奥へと視線を揺さぶる色彩の戯れと柔らかな印象を与える繊細な曲線。それらがあいまった画面は、本来、色も形も大きさもないはずの生命の存在を表しています。

福田は現実の何かの形を解体して抽象化するのではなく、S字の曲線や不規則なうねりを丹念に描き込むことによって抽象的な形をつくり出していきます。色よりも先に来るのが線。洗剤が溶けてできる泡なども観察し下絵を描きますが、本番の制作では8割を感覚に頼っています。

ピンクや青など、後から与える色は明るく清らか。それらが「形」の境界を越えて画面全体に響き合い、幻想的な雰囲気を生み出します。イメージのよりどころは「生まれる前に体験した胎内を漂う感覚や体液に浸る感覚」。いのちの根源という不思議なものへの意識も強く持っているようです。

「幸せとその先」「祈りと底」といった謎めいたタイトルも福田ならではです。たとえば「祈りと底」であれば、無事に生まれてきてほしいという祈りが込められています。162.1×260.6センチ(100号2枚分)の大作を含め油彩画、水彩画合わせて20点を出品します。写真は「幸せとその先」(2013年、カンバスに油彩、72.7×91センチ)。
(月~金曜正午~午後7時、土曜正午~午後5時、3月20日も営業)

福田遼子(ふくた・りょうこ) 1987年徳島県生まれ、2011年鳴門教育大大学院美術コース修了。11年Gallery銀座フォレスト(東京)、GALLERY SUZUKI(京都市)で個展。12年橘画廊、Gallery銀座フォレストで個展。同年国展新人賞受賞。

 

浅野綾花展 ちょっとかなしい

Ayaka Asano Tachibana Gallery
Ayaka Asano exhibition  My Little Sorrows
2013年2月11日~23日(日曜休)

画面の「余白」に書かれているのは言葉です。「わたしのこと知らないのに/愛してるなんて言うから/君がうそつきに見えたの」。こんなふうに、女性である「わたし」が男性の「君」にぶつぶつつぶやいたり、「君」と「わたし」のやりとりをさめた目で眺めたりしている様子が記されています。銅版画を制作している浅野綾花にとって、今回、画面に文章を書くことは一つの冒険でした。

中学生のころから日記代わりに書きためていたドローイングと文章。ドローイングは早くから作品に取り入れていましたが、「言葉は直接的過ぎるから」と、使うのを控えていました。本人によると、もともと、作品を人に見られるのがつらいと感じるタイプ。絵だけでも恥ずかしいのに、ましてや文章なんて、という気持ちだったそうです。しかし展覧会を重ねるにつれ、自分のことを知ってほしい、存在を認められたいという気持ちが広がり、ためていた文章の一部を解き放ちました。

ビル、住宅、立体駐車場、自画像に花。版で刷った絵の部分には、思春期までを過ごした静岡や今住んでいる大阪、アトリエのある西宮などで見たものが、懐かしさを醸しながらまるで風景のごった煮のように一体となっています。モチーフはきわめて個人的な経験に関連していますが、表現の内容は事柄や物語ではなく一瞬の感情といえます。

あえて言葉にすれば「振り切れなかった小さな悲しみ」をいとおしむ気持ち。それを、いかにしてありきたりでない方法で伝えるかに彼女の意識が向けられています。写真は「愛してるのじゅばくれい」(2013年、銅版画、色鉛筆、30.7×46センチ)。
(月~金曜正午~午後7時、土曜正午~午後5時)

浅野綾花(あさの・あやか) 1985年静岡県生まれ、2008年大阪芸術大芸術学部卒。11年Gemma(焼津市)、番画廊(大阪市)で個展。12年Gemma(焼津市)、2kw gallery(大阪市)、番画廊(同)などで個展。

刀川昇平展 Life

Shohei Tachikawa Life Tachibana Gallery
Shohei Tachikawa Exhibition
2012年12月10日~22日(日曜休)

ラグビーボールみたいな楕円形。それは若手画家、刀川昇平が学生時代、抽象画の課題を描いていたときに自然と出てきた形でした。作品にはその全体が出てきたり部分が出てきたりします。爆弾のようにも見えるし、種子のようにも見えるでしょう。本人は「ただ、なんとなくやすらぐ形」だと言いますが、彼の作品のトレードマークともいえる存在です(画像の作品は130.3×162.1センチ、パネルに綿布、珪藻土、アクリル)。

「一粒の麦もし死なずば、唯一粒にてありなん。死なば多くの実を結ぶべし」。深読みすれば、そんな言葉が頭に浮かぶかもしれません。麦粒の数を直接増やすことはできませんが、地に落ちて発芽し、植物として成長すれば、たくさんの麦粒を生み出します。一粒の麦がたくさんの麦に変わるためには、発芽した後も、茎を伸ばし、花を咲かせるといった回り道が必要ですので、時間の経過も思わせます。

刀川の一部の立体作品のモチーフである楕円球は下が黒で、上が白。これには、彼の故郷である広島の歴史が影響しています。広島に原爆が投下された後、75年間は草木が生えないといわれながらも、その年の秋には植物が芽吹きました。そんなことを考えながら彼の作品と向かい合うと、この楕円球が爆弾による破壊と種子による再生の両義性を持つモチーフとして見えてきます。

今回の個展では、絵画と立体の両方を出品します。絵画は、つやを消すために珪藻土を使った下地にアクリル絵の具の薄塗り。背景や葉の輝きに明るさが感じられ、からみあう有機的な線に特徴があります。一部の立体には、ひょろりと伸びた桐の枝が使われていますが、皮をむいてバーナーで焼いた部分はきれいな黒。こうした黒と白の表現にも作家としてのこだわりがうかがえます。 (月~金曜正午~午後7時、土曜正午~午後5時)

刀川昇平(たちかわ・しょうへい) 1983年広島県生まれ、2006年大阪芸術大卒。 <主な個展> 05、06、08年ギャラリー白(大阪市)、09年ギャラリーG(広島市)、09、11年Art Space HAP(同)、10年ジノ・コンガン(韓国ソウル)。10、12年ヱビデンギャラリー(広島市)。

Pages: Prev 1 2 3 ...11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 Next