過去の展覧会

福島第一原発神社~荒ぶる神を鎮める~

宮本佳明 福島第一原発神社 橘画廊 The Fukushima No.1 Nuclear Power Plant Shrine
宮本佳明展
2012年3月5日~24日(月~金曜午前11時~午後7時、土曜正午~午後5時、日曜・祝日休)

事故を起こした福島第一原発。その原子炉を鎮め、今後1万年以上にわたって高レベル放射性廃棄物を現状のまま水棺化して安全に保管するために、原子炉建屋にアイコンとなる和風屋根を載せて神社ないしは廟(マウソレウム)として丁重に祀(まつ)るプロジェクトを、建築家の宮本佳明が200分の1の模型によって提示します。以下は宮本の解説。

最終処分場はおろか中間貯蔵施設の敷地さえも決められない現状では、たとえ廃炉解体に成功したとしても、それにともなって発生する大量の高レベル放射性廃棄物を福島第一原発敷地外に搬出することは不可能である。一方で、敷地内で地層処分を行うことも、処分場として想定される地下300m以下の地質や地下水等の条件を考慮すれば現実的ではない。使用済み燃料については、プールから取り出し敷地内で乾式貯蔵する方法も考えられるが、そもそも圧力容器を貫通した200トン近い溶融燃料については、近未来の技術をもってしても回収が極めて困難であると考えられる。つまり、きっちりと補修と耐震補強を施した原子炉格納容器内に水を満たし、いわゆる水棺化による冷却を確実に行い、十分な低線量になると考えられる1万年以上の遠い未来まで、どんなに手間とコストが掛かろうとも維持管理をし続ける以外に私たちに残された道はない。気休めの「安心」であればこれまでと同じように容易に得ることが可能である。しかしそれと、真に「安全」を担保することが別物であることを私たちはすでに学んだ。それは、可能かどうかの問題ではない。現状のままで見守るように厳重管理を続け、原子炉の最期を看取る以外に、おそらく方法は存在しない。

その時、最も必要なことは、「それ」が危険であるということを明示することである。しかも、文化や言語さえも変わっているであろう1万年後の人類(それは日本人なのか?)に対してである。それは、事故を起こした原子炉建屋外壁に描かれたあの紙吹雪のような「書き割り」の欺瞞を暴くことを意味する。今にして思えば、あの水色の紙吹雪は危険を隠蔽するための装置であったのかも知れない。危険なものを危険であると知らしめること、本来それもまた建築の大切な役割であったはずだ。「建屋」とは一体何を意味するのだろうか?それは建築とは違うのか。建屋(英語ではbuilding)という得体の知れない箱を、建築(architecture)として機能させるために、木造大屋根を原子炉建屋に載せることを提案したい。しかもそれは、危険の徴(しるし)となるように、寺社殿が戴く大仰で様式的なデザインのものの方が良い。敬しても、近寄ることは許さない、荒魂を祀るアイコンとしての和風屋根である。山形県米沢市には上杉藩代々の藩主を祀った上杉家廟(1623年〜1876年、国指定史跡)があり、藩祖謙信公を中心にして12代の廟堂が威風堂々と横一列に並ぶ。今回の展示には含まないが、5号機と6号機、さらには第二原発の4基を加えて、計10基が大屋根を戴き海に向かって立ち並ぶ姿は、あたかも巨大な上杉家廟を連想させるものとなるだろう。

工学的には、木造大屋根は損傷した原子炉建屋を雨風から護り、その大屋根を支える鉄骨造の構造体が建屋の耐震補強を兼ねることで、全体として堅牢な覆屋(鞘堂)を形成する。必要に応じて新設の壁体を付加し、放射線を遮蔽する機能を持たせることも可能であろう。BWR-4型の原子炉を内蔵する2〜4号機建屋(W44.93m×D44.93m[上部33.93m]×H46.05m、総RC造)には向拝付き入母屋屋根を、一回り小さいBWR-3型原子炉を内蔵する1号機(W41.56m×D41.56m[上部31.42m]×H44.75m、RC造一部鉄骨造)には向拝のない宝形(ほうぎょう)屋根を載せる。2〜4号機大屋根の寸法はおよそ、梁間方向82m、桁行方向75m、最高高さは88mになる。4棟それぞれがほぼ東大寺大仏殿に匹敵する規模である。1号機は屋根の形態に照らすなら神宮寺と考えるのが相応しい。つまり福島第一原発神社は神仏習合ということになる。他方で、被災時には定期点検中で原子炉内に核燃料のなかった4号機については、プールから使用済み燃料を取り出した後に解体することも可能であり、あえて神社化する必要はないともいえる。しかしながら、危険の明示と事故の記憶の継承というプロジェクトの目的に沿って、4号機についてもやはり大屋根を掛けて建屋を保全したいと考える。例えば、使用済み核燃料を納めた乾式キャスクの貯蔵施設として再利用することも可能であろう。今後相次ぐ全国の原発の廃炉に向けたパイロットプロジェクトとして積極的に位置付けたい。

安定した原子炉保全のためには、建築意匠も重要な役割を果たす。向拝部の中備(なかぞなえ)には、東北の太平洋沿岸によく見られる大津波の彫刻を施した蟇股を用いる。また海老紅梁(こうりょう)や頭貫木鼻(かしらぬききばな)の繰形(くりかた)にも、事故の記憶の継承のために波の意匠をあしらいたいと考える。防護服を着た神官たちが日々原子炉に向かい祭祀を司る向拝部は、奇しくもかつての中央制御室の直上に当たる。神官たちの最も重要なミッションは、今後1万年以上にわたって大津波と事故の記憶を正しく伝承して行くことにある。そのためには、社殿のメインテナンスにはむしろ手間とコストが掛かる方が望ましい。例えば屋根の仕上げは定期的に葺き替えが必要でかつ材料も手に入りにくい桧皮葺きとするべきである。将来の建て替えに備えて、新たに森林の育成にも取り組まなければならないだろう。また、正しい記憶の継承のためには、文化財指定を行って国宝とすることは必須である。さらには人類全体にとっての「負の遺産」として世界遺産登録を目指すべきだと考える。とにかくあらゆる手立てを総動員して事故の記憶を絶やさないこと、それこそが荒ぶる神を鎮めるために最も大切なことである。

以上

宮本佳明(みやもと・かつひろ)
1961年 兵庫県生まれ
1984年 東大工学部建築学科卒
1987年 東大大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了
1988年 アトリエ第5建築界設立
1996年 第6回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展(共同作品)金獅子賞
1998年 「『ゼンカイ』ハウス」でJCDデザイン賞ジャン・ヌーベル賞、JIA新人賞
2002年 宮本佳明建築設計事務所に改組
2007年 「クローバーハウス」で日本建築家協会賞、建築士会連合会賞優秀賞
2008年 「『ハンカイ』ハウス」でJCDデザイン賞金賞
2010年 「澄心寺庫裏」で建築士会連合会賞優秀賞
大阪芸術大准教授を経て、現在、大阪市立大大学院教授
主著に『環境ノイズを読み、風景をつくる。』(彰国社、2007)、『Grown』(フリック・スタジオ、2010)

 

被災建築物の保存を考える


宮本佳明展に向けて
 

3月に展覧会を開く建築家の宮本佳明は、ある被災建築物の保存、活用方法を提案します。広島の原爆ドーム、独ドレスデンのフラウエン教会(写真)など被災建築物の扱いにはいくつかのパターンがありますが、宮本は従来にない方法を考えました。その方法を明らかにする前に、歴史上の被災建築物の保存方法をおさらいしてみます。

まず日本で有名なのは、世界遺産に登録された広島の原爆ドームでしょう。第2次世界大戦末、原子爆弾によって被爆した広島県産業奨励館(原爆ドーム)は全焼。残骸を残すか取り壊すか議論がありましたが、1966年、広島市議会が原爆ドーム保存の要望を決議し、悲惨な出来事の象徴として保存されました。

18世紀前半の建築物であるフラウエン教会も、被災時のままの凍結保存が半世紀近く続きました。1945年2月13日、ドレスデンは英空軍の爆撃を受け、市域の75%が破壊。その中で市民は同教会の瓦礫(がれき)の山から再利用できる石材の選別作業を始めましたが、東独政府は「主としては費用がないため、またひとつには『資本主義の文化破壊の暴挙』の宣伝のため」(高橋哲雄「ドレスデンとコヴェントリ」(大阪商業大学商業史博物館紀要第5号)、復元を認めませんでした。

しかし89年のベルリンの壁崩壊後、復元へと方針が変わり、2005年に完成しました。建物には、瓦礫の山から拾い出され、かつての位置を突き止めた黒い石材と新しい石材が混ざっています。高橋によると、同教会の復元には、再統合されたヨーロッパの民族の和解の象徴という位置づけもありました。

一方、01年の米同時多発テロで倒壊したワールドトレードセンターの跡地、グラウンド・ゼロでは、高さ1776フィート(541メートル)の1WTCを含む超高層ビル群と記念碑の建設が進んでいます。凍結保存、復元、改築。さて、宮本の案は……。(2012年2月4日)

福田遼子展

Ryoko Fukuta Tachibana Gallery
2012年2月6日~11日

徳島県在住の画家、福田遼子の個展です。描いているのは、人の体内を漂う感覚をイメージしたカラフルで清らかな抽象画。先に塗った絵の具が乾かないうちに他の色を塗り、にじみの効果を出す「たらしこみ」の技法を使っています。写真は油彩画「血中花」(13.9×17.9センチ)。さらさらとした血液の中で生命の力が湧き出てくるかのようです。油彩画と水彩画の小品合わせて25点を出品します。
(月~金曜午前11時~午後7時、11日正午~午後5時)

作家コメント
母体から聴こえる鼓動や、生まれる前に体験した胎内を漂う感覚、血液や体液に浸る感覚は無条件の安心感と親しみを与えてくれると考えています。そのため、人の体内を漂っているような、不思議だけど居心地の良い空間の表現を目指しています。

福田遼子(ふくた・りょうこ) 1987年徳島県生まれ。2011年鳴門教育大大学院美術コース修了、Gallery銀座フォレスト(東京)、GALLERY SUZUKI(京都市)で個展、第46回関西国展奨励賞受賞。

友田多恵子展

Taeko Tomoda Tachibana Gallery
2012年1月24日~2月3日(日曜休)

石のような硬いものに囲まれた環境は人間に安心と秩序だけでなく誇りをもたらします。コンクリートジャングルと呼ばれる都会に人々が集まってくるのは、誇りを持ちたいという欲望の表れかもしれません。しかし硬いと思っていたものが、さほど硬くなかったら……。欲望の根拠に疑問を抱かざるを得ないでしょう。

造形作家の友田多恵子がつくっているのは紙です。ビルの屋上で、楮(こうぞ)とパルプを溶かした原料を裏打ち布に合わせて溜漉(ためす)きし、自然乾燥させます。原料の段階で墨や鉄さびを混ぜておくため、黒い岩か石のような色合いの紙が出来上がります。湾曲させて立体にすればご覧の通り(写真は海岸通ギャラリーCASOでの展示)。重厚な物体がどっしりと存在感を放ちます。

見た人が「岩みたいやね」と言えば、友田は「そうやね」と答えますが、本人には岩や石をつくっているとう意識はないそうです。ただ「アートには驚きがないとつまらないから」とも。価値観を混乱させる意図はないとしても、作品を目の前にして驚いている人を見るのはそれなりに楽しいようです。

紙の作品たちの声が聞こえてこないでしょうか。「うちら岩みたいやね」「そうやね」

紙の作品によるインスタレーションを予定。
(月~金曜午前11時~午後7時、土曜正午~午後5時)

友田多恵子のこれまでの主な展覧会
<個展>
2000年 Gallery KURANUKI(大阪)
2006、09、10年 海岸通ギャラリーCASO(大阪)
2008年 OST ART GALLERY(ベルリン)
<グループ展>
1990年 国際花と緑の博覧会(大阪)
2006~11年 福井市美術館「素材と表現展」
2011年 清州国際工芸ビエンナーレ(韓国)
Le spectacle de la nature-Japon(仏ブルージュ)

父という文字の原形

Eisaku Ando Tachibana Gallery 安藤栄作 橘画廊
安藤栄作展 天と地の和解
2011年12月5日~24日(日曜・祝日休)

展示室にヒノキの香りが立ち込めています。安藤が今回の個展に出品した木彫は、高さ2メートル数十センチのシリーズ「天と地の和解」5点をはじめ14点。すべて東日本大震災の後の作品ですが、このうち「天と地の和解」2点を含む5点は11月後半以降に完成した、できたてのほやほや。斧の刃の跡も新鮮です。

大作は屋外で制作します。アトリエのある奈良県明日香村は晩秋ともなれば冷え込みますが、斧を振るたびに体が温まり、上半身はシャツ一枚に。汗をかいたらタオルで素早く拭き取り、彫刻を眺めます。手斧一本での制作を始めて20年以上。「調子の良いときは自分が宇宙のエネルギーの通り道になって自然と手が動く」と言います。

いつごろだったか、文明が発展すれば農業も工業も機械が担うようになり、人間は肉体の労働から解放されると言われたことがありました。たしかに肉体の労働は減ったのでしょうが、身体性は人間の尊厳にとって大切なものであることもわかってきました。斧で何度も何度も木をたたく安藤は全身で人間の尊厳を保とうとしているかのようです。

彼はエッセイ集「降りてくる空気」(スモルト)の中で、子供が2人いるというのに父親としての自信が持てず、劣等感を抱いていたと明かしています。しかしある日、テレビで文字の意味を教える番組を見て、「父」の字がもともとは斧を持つ人の姿を表していたと知りました。「おれは毎日斧を手に仕事をしている。おれこそ父という文字の原形を地でいっている人間だ」。以来、斧を手に取ると、父としての自覚がみなぎるそうです。
(月~金曜午前11時~午後7時、土曜正午~午後5時)

Pages: Prev 1 2 3 ...13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 Next