過去の展覧会

東京芸大彫刻展に伊東敏光

Toshimitsu Ito Miyajima 787 Tachibana Gallery 橘画廊
東京芸術大学大学美術館陳列館で開かれる「彫刻―気概と意外」展(同大学彫刻科主催)に伊東敏光が参加します。会期は2016年9月28日から10月10日まで(会期中無休)。伊東は新作の大型彫刻「Miyajima787」(2016年、木、147 x 400 x 430 cm)を出品します。ほかに原真一、高見直宏、大竹利絵子、今野健太、池島康輔、井原宏蕗、井田大介が参加。10月10日午後2時から展示会場でアーティストトークがあります。

グループ展「Dancing in September」

Shohei Tachikawa Floating Tashibana Gallery
田中加織、刀川昇平、芝田知佳

Group show “Dancing in September” Kaori Tanaka, Shohei Tachikawa, Chika Shibata
2016年9月8日~10月1日(正午~午後7時、日・月・火曜休)

3人の若手アーティスト、田中加織(油彩画)、刀川昇平(アクリル画)、芝田知佳(ミクストメディア)のグループ展です。象徴としての富士山や月山水を丸みを帯びたフォルムとポップな色彩で表す田中と、装飾化した植物をつやのない質感で描く刀川、布に透かし模様を入れる技法、オパール加工を駆使して夢の記憶を表現する芝田。それぞれの身ぶりを楽しめる作品を紹介します。

上の画像は刀川昇平「floating」(2016年、アクリル、水彩、珪藻土、パネル、80 x 45 cm)。下左は田中加織「月山水No.2015.8」(2015年、油彩、カンバス、45 x 45 cm)、同右は芝田知佳「2016/2/15の夢Ⅱ」(2016年、シルクスクリーン、コラージュ、ドローイング、オパール加工、24 x 18 cm)。 

Kaori Tanaka-Chika Shibata Tachibana Gallery
田中加織(たなか・かおり) 1982年京都府生まれ、2004年成安造形大洋画科卒。
gallery near(京都市)、コンテンポラリーアートギャラリーZone(箕面市)、ギャラリーいのくま亭(京都市)などで個展。 

刀川昇平(たちかわ・しょうへい) 1983年広島県生まれ、2006年大阪芸術大芸術学部卒。ギャラリー白(大阪市)、ギャラリーG(広島市)、ヱビデンギャラリー(同)、ジノ・コンガン(ソウル)などで個展。橘画廊では12年に個展「Life。 

芝田知佳(しばた・ちか) 1984年兵庫県生まれ、2009年東京芸術大大学院美術研究科修了。13年橘画廊(大阪市)で個展「YY/MM/dd」、14年ART OSAKA 2014で個展「La Mer Hotel Ebi」、15年橘画廊で「夢展 芝田知佳」

AHAF SEOUL 2016に出展

Toshimitsu Ito Miyajima Tachibana Gallery 橘画廊
橘画廊は韓国のJWマリオット・ホテル・ソウルで開かれるアートフェア、AHAF SEOUL 2016に出展します。アーティストは伊東敏光(彫刻)と浅野綾花(版画)。部屋番号は1006号です。上の画像は伊東敏光「宮島」(2016年、木、48 x 91 cm)。下は浅野綾花「会いに行く夢」(2016年、エッチング、20 x 20 cm)。

日時:8月25日(木)~28日(日)
会場:JWマリオット・ホテル・ソウル

伊東敏光プロフィール
浅野綾花プロフィール 

AsanoAyaka Tachibana Gallery 橘画廊
Tachibana Gallery will participate in the art fair AHAF SEOUL 2016.

Artists: Toshimitsu Ito, Ayaka Asano
Date: August 25Thu – 28Sun.
Venue: JW Marriott Hotel Seoul
Room Number: 1006
For details: AHAF SEOUL website

加茂昂展「土に死を生ける」

Akira Kamo Death grows in the soil Tachibana Gallery 加茂昂 橘画廊
Akira Kamo exhibition “Death grows in the soil”
2016年6月29日~7月23日(正午~午後7時、日・月・火曜休)

若手油彩画家、加茂昂の個展です。新作絵画23枚をを重ね合わせたインスタレーション「土に死を生ける」(画像は部分)を中心に展示を構成します。加茂の作品には、氷(雪)と火、聖と俗、天上と地上など、一般には対立関係にあると思われるものが多く含まれています。今回の新作では生と死に焦点を当て、死の受け入れ方に思いを寄せています。 

死者を弔うことは、自身がいずれ死ぬ運命にあることを意識することでもあります。そして、弔い方には生きている人の価値観や理想が反映されます。加茂の場合、死に直面したときの感情の持ちようとは別に、日常生活の送り方として「死を育てる」という考えをとりました。新作の主なモチーフは雪と土と花。「自らのかたわらにある土に死を植える」といったスタンスから弔うということをとらえ、表現を試みます。 

前回の個展では、福島第一原発周辺の立ち入り禁止区域を意識し、「人間の知識の負の結晶」を意味する「逆聖地」のイメージをつくり出しました。そこでは対立が描かれると同時に対立関係の解消が示唆されましたが、新作にも生と死を対立させずにおくという意図がうかがえます。

加茂昂(かも・あきら) 1982年東京生まれ、2010年東京芸術大大学院美術研究科絵画専攻修了。12年island MEDIUM(東京)で個展「【絵画】と【生き延びる】」。13、15年VOCA展出展。14、15年対馬アートファンタジアに参加。15年青森公立大学国際芸術センター青森でアーティスト・イン・レジデンス展覧会「航行と軌跡」。16年、橘画廊(大阪市)で個展「逆聖地」

 

Ayaka Asano exhibition “Let’s meet once more and say goodbye.”

Ayaka Asano I wish to have a date with you

Ayaka Asano 'I wish to have a date with you'

 May 25, 2016 – June 18, 2016 (Closed on Sundays, Mondays and Tuesdays)

 The artist Ayaka Asano represents various feelings by combining etching prints of portraits of people she is fond of and collage of “examples of treats or small gifts”. Not gifts of the special days, such as birthdays or Christmas, but mainly modest things which people close to her gave her in daily life. She determines the base color of the work from the feelings of when she received these things and chooses a person connected to her feeling for the motif.

In the case of the work “I wish to have a date with you,” the motifs are the tea packages which her mother sent her and the mineral water label which her old classmate gave her, and the portrait of Hong Kong movie star, Tony Leung. And talking about the work “Day reward”, the motifs are the plastic bag of accessories which she bought for herself and the face of the image of the Japanese actress Yu Aoi, whom she admires. One important feature is that she uses not only portrait but also things like bits of papers for leading role in her works.

It is a seemingly sentimental production style to recall the feeling of when she received a gift using “the examples of treats” as a clue, but Asano throws her emotions by pasting things directly on to paper and putting things in a steel press machine. In this exhibition, she will exhibit works theme of which are her feelings in the past several years and also new works which are associated with Taipei and Tokyo, both of which she has visited this year.

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...19 20 21 Next