過去の展覧会

夢展 芝田知佳

芝田知佳 消した落書きとエビまたはハコ1995-b 2015 Chika Shibata Tachibana Gallery
Chika Shibata exhibition Dreams
2015年7月7日~25日(正午~午後7時、最終日午後5時まで、12、13、19日休)

シルクスクリーンや染色を手掛けるアーティスト、芝田知佳がゲームや漫画のキャラクター、生き物など自らの無意識の領域にひそむイメージの断片を使い、ポップな平面作品を発表します。夢に出てきた不条理な状況、瞑想しようとして浮かんできた雑念。それらにからむイメージを、マンダラで仏菩薩たちを配置するかのように一つの画面に共存させ、世界観を表現しています。

例えば、阪神大震災があった20年前の記憶をテーマにした「消した落書きとエビまたはハコ1995-b」(画像、2015年、シルクスクリーン、コラージュ、ドローイング、80×80センチ)。箱の展開図のような白地に、ロブスターやエビ、鳥、キャラクターなどが紺一色で落書き風に描かれ、背景の赤い部分には白のグリッドが記されています。上部左右にドローイングで一対のエビフライを配すなど、対称性を感じさせる構図が特徴的です。

芝田は夢で繰り広げられた物語、それをきっかけによみがえった記憶の中からモチーフをつかむという方法をとりました。そして、密教の図像であるマンダラに想を得て、制作に取り組みました。白地の「展開図」の中で一つの世界を構成していますが、限られた要素だけで成り立っているわけではなく、エビもロブスターも漫画のキャラクターたちも、さらに、今は姿を見せていないものまでもが自由に行き交っているようです。

ここでマンダラという言葉を持ち出すことに違和感があるとすれば、作品に描かれているイメージがみな、食べ物や遊び道具など欲望の対象であるからかもしれません。当然、仏教であれば、欲望も、欲望を持つ自己も否定すべきものです。しかし芝田は欲望を肯定し、自己の認識を深めているように見えます。活気あふれる赤や調和を象徴する緑。そうした色の意味合いも「自己肯定」を後押ししています。シルクスクリーン、コラージュによるミクストメディアを中心に十数点を出品。

芝田知佳(しばた・ちか)
1984年兵庫県生まれ。2007年女子美術大芸術学部卒、09年東京芸術大大学院美術研究科修了。13年橘画廊で個展「YY/MM/dd」、14年ART OSAKA 2014で個展「La Mer Hotel Ebi」。11~13年龍野アートプロジェクト(たつの市)、15年新長田アートプロジェクト(神戸市)に参加。

 

ART OSAKA 2015に参加

Akio Tanino Tachibana Gallery
橘画廊は7月に開かれる日本最大のホテル型アートフェア「ART OSAKA 2015」に参加します。6215号では寺村サチコ(繊維造形)の個展、6224号では谷野明夫(陶芸)と福元章子(日本画)の2人展「和モダン」を開きます。写真は谷野明夫の合子。

日時: 7月3日(金)午後2~8時(プレビュー)
      7月4日(土)午前11~午後6時(一般公開)、午後7~9時(ナイトビューイング)
      7月5日(日)午前11~午後7時(一般公開)
会場: ホテルグランヴィア大阪26階(JR大阪駅直結)
入場料: 1,500円

Tachibana Gallery will be participating in the art fair ART OSAKA 2015.
Room Number: 6215 & 6224
Artists: Sachiko Teramura, Akio Tanino, Shoko Fukumoto
Date: July 3 Fri. (VIP preview)
        July 4 Sat., 5 Sun. (Public Open)
Venue: Hotel Granvia Osaka 26th floor
Admission: ¥1,500/ 1 day pass
For details: ART OSAKA website

寺村サチコ(てらむら・さちこ) 1986年兵庫県生まれ、2012年多摩美術大大学院美術研究科修了。11年前橋アートコンペライブ・グランプリ、12年橘画廊で個展「今夜は女の子」、13年同じく「MY SWEET FLOWERS」。14~15年Hasu no Hana (東京)、GALLARDAGLANTE(京都)、ギャラリーううふ(鶴ヶ島市)などで個展。 

谷野明夫(たにの・あきお) 1949年京都生まれ、77年京都市立芸術大専攻科陶芸修了。78年信楽に陶房を築く。東京、大阪、京都などで個展、グループ展多数。日本工芸会正会員。 

福元章子(ふくもと・しょうこ) 1984年大阪生まれ、2010年京都市立芸術大大学院美術研究科絵画専攻日本画修了。11年以降、和泉市久保惣記念美術館、T-BOX(東京)、DELLA-PACE(神戸市)で個展。14年橘画廊で個展「毛虫と女」

寺村サチコ展(ART OSAKA 2015)

Sachiko Teramura ART OSAKA 2015 Tachibana Gallery
Sachiko Teramura exhibition
2015年7月4、5日、ホテルグランヴィア大阪6215号(ART OSAKA 2015)

進化の袋小路に入り、秘密の花園という特殊な環境で暮らす生き物たち。彼女らが発達させた能力は色と形によるオスの誘引でした。原始的ともいえるこの能力はことのほか強力で、引き込まれたオスたちは食べられてしまいます。繊維造形作家の寺村サチコはシルクオーガンジーを素材に、そんな想像上の生き物を生み出しました。

赤やピンク、紫など鮮やかな色の、曲線を多用した立体は、寺村の言葉を借りるまでもなく「可憐な感じだけど毒があるイメージ」。昆虫を誘い、蜜を吸わせる代わりに花粉を運ばせる花や、海の中を漂って魚を捕食するクラゲなどを意識していますが、人間の女の子の分身ともいえます。

その生き物たちには水中生活の名残がありそうです。水を吸収する根もなければ体を支える茎もない彼女たちは、軽やかなシルクオーガンジーによって表されます。主な技法は絞り染め。一枚の平らな生地を引っ張って括(くく)る、縫って引き寄せる、といった行為を繰り返し、防染しつつ形を記憶させています。

寺村のこうした作品は素材と技法、コンセプトの一致によって誕生しました。ベッドの上に置く、天井から吊るす、アクリルケースに入れる、といったさまざまな展示方法によっても、平らな布をカラフルな立体に変化させるアートの可能性を示します。画像左は「Crawls(あか)」(部分、2015年、染色、シルクオーガンジー、針金、60×40×50センチ)、右は「きれいな魔女」(2014年、染色、シルクオーガンジー、針金、85×85×25センチ)。

寺村サチコ(てらむら・さちこ) 1986年兵庫県生まれ、2012年多摩美術大大学院美術研究科修了。11年前橋アートコンペライブ・グランプリ、12年橘画廊で個展「今夜は女の子」、13年同じく「MY SWEET FLOWERS」。14~15年Hasu no Hana (東京)、GALLARDAGLANTE(京都)、ギャラリーううふ(鶴ヶ島市)などで個展。

 

阪急うめだ本店で 菅かおる展/柴田謙司展

菅かおる 「月下水中花」 Tachibana Gallery
2015年6月10日~23日、阪急うめだ本店10階スークギャラリー 

菅かおるは水のゆらめきを描く日本画家です。水中に躍る光の粒に水面に広がる波紋。画家がすくいとった一瞬の表情がみずみずしい花とともに爽やかな風を運びます。一方、柴田謙司は濃厚な色彩で幻想的な華やかさを表現する写真家です。最新作のモチーフは氷に閉じ込められた花。都会的でスタイリッシュなイメージによって、「永遠の現在」を表現します。 上の画像は菅かおる「月下水中花」(2015年、岩絵の具、和紙、40.9×40.9センチ)、下は柴田謙司「05:49:52」(14年、ラムダプリント、59×78.8センチ)。

Kenji Shibata 05 49 52 Tachibana Gallery
柴田謙司(しばた・けんじ) 1964年大阪生まれ。93年大阪ビジュアル・コミュニケーション専門学校(現日本写真映像専門学校)卒、97年London College of Printing and Distributive trades 修了。99年柴田謙司写真事務所を設立。2008年個展「私を知るもの、私を呼ぶもの」(Port Gallery T/大阪)、14年橘画廊で個展「
Locked in the ether」。 

菅かおる(かん・かおる) 1976年大分県生まれ、2000年京都造形芸術大美術科日本画コース卒。15年琳派400年記念新鋭選抜展(京都府など主催)優秀賞。ギャラリー、百貨店での個展、グループ展多数。

お問い合わせ 橘画廊 TEL: 06-6532-4395

 

伊東敏光展「対馬三景」

Toshimitsu Ito 'Flightscape—Dream of the Ruined Boats' Tachibana Gallery 橘画廊
Toshimitsu Ito exhibition Three landscapes of Tsushima
2015年6月6日~27日(正午~午後7時、最終日午後5時まで、日・月曜休)

絵画と違ってフレームがなく空間を切り取るのに向いていない彫刻で、風景をいかにして表現するか。彫刻家の伊東敏光が近年制作している「風景彫刻」は未開拓ともいえる領域の中から新しい方法論を生み出すスリリングな試みです。今回は3通りの方法で長崎県の対馬の風景を表します。 

伊東は2011年から地域型アートプロジェクトの対馬アートファンタジアに参加し、頻繁に対馬を訪れてきました。対馬は九州と朝鮮半島の間の対馬海峡に浮かび、国境の島と呼ばれています。南北に細長い主島をはじめ全体に山地が多く、海岸部ではごつごつとした岩がそそり立つ荒々しい風景が特徴です。 

メーンの作品の一つ「飛行景―廃船の夢―」(写真、2014年、木、390×400×140センチ)は、かつて対馬で活躍した木造の漁船を素材に制作しました。飛行機をフレーム代わりにして、その胴体部分や翼の部分に、地形の特徴的な要素を盛り込んでいます。その中には、古くから霊山として崇められてきた白嶽(しらたけ)などもみられます。

床置き型の「対風景」(11年、木、頁岩、180×70×45センチ)では、向かい合う2人の人物のイメージに重なるようにして対馬の地形をパノラマ風に表現。新作の壁掛け型アッサンブラージュでは、空から見下ろしたときの島の形を大づかみにしながら主観的な大小の判断で山や海岸を描きます。

伊東敏光(いとう・としみつ)
1959年 千葉県生まれ
  85年 東京芸術大美術学部彫刻科卒
  87年 東京芸術大大学院美術研究科修了
2006~07年 米ペンシルバニア大大学院で在外研修
現在、広島市立大芸術学部教授

<近年の主な展覧会>
2009年 「伊東敏光展-Liquidscape-」(泉美術館/広島)
  13年 伊東敏光展(橘画廊/大阪)
  14年 グループ展「拡張する地平」(広州53美術館/中国)

2011年から毎年、対馬アートファンタジアに参加。15年1月には、風景彫刻の「AA60」などを出品したロサンゼルスのアートフェア、LA ART SHOW 2015の展示(橘画廊)がbe-Art magazineのアートフェアレビューでベストブースに選ばれる。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...19 20 21 Next