お知らせ

浅野綾花展「僕の秘密を教えてあげる」

浅野綾花 橘画廊 Ayaka Asano Tachibana Gallery
Ayaka Asano exhibition
2017年6月8~25日(正午~午後7時、月・火曜休)

版画家の浅野綾花は今年春、台湾台中市のYIRI ARTSで個展を開き、現地に1カ月間滞在しました。今回の橘画廊での個展では、そのときの経験を基に生み出した作品を中心に出展します。主なモチーフは台湾の友人たちの顔。コラージュも取り入れた銅版画など柔和な雰囲気の作品からは、ゆるい打ち明け話を交わしたときの解放された時間のイメージがにじみ出ています。

台湾滞在中、浅野はスタジオを借りて、制作を試みました。いつまでに何をするという義務はなく、何をするのも本人次第。空いた時間には友人たちとおしゃべりを楽しみました。中でも一番の話し相手は、日本語のできるH君でした。晴れた空の下で見せるのんびりした表情と屈託のなさ。周りの人には日本語はわからないだろうという安心感もあって、仕事のことも恋愛のことも何でも話し合ったのだそうです。

新作には、そんなH君をはじめ台湾の友人たちの気取らない顔が多く登場します。昨年の個展と同じく、思い出のよすがとして、日常の中で親しい人にもらった食品などの包装を画面に貼るコラージュも採用しています(紙片などを紙に貼ってから刷るため、正確にはコラージュとは呼ばないかもしれません)。ただ今回は、テーマである「思い出」との距離のとり方が変わりました。「ここから向こうは過去で、その手前は現在です」といったこだわりは消え、思い出を過去のこととして突き放すようなスタンスも弱まっています。

浅野によると、見知らぬ土地である台湾は「出会いのマジック」にあふれていました。居合わせた人たちと会話によって経験を交換し、人生の見晴らしが良くなった実感があるとも語っていました。彼女は「出会いのマジック」を凝縮した一枚一枚の作品を通して、人と人の出会いによって世界が変わることもあるよと、ささやかに訴えています。

上の画像は「うち明けばなしの繰り返し」(2017年、銅版画、ビニールバッグ、30.1 × 24 ㎝)、下の画像は「わたしのところへおいで」(2016年、銅版画、包装紙、72.8 × 103㎝=第16回南島原市セミナリヨ現代版画展KTNテレビ長崎賞受賞作)。 

Ayaka Asano Tachibana Gallery 浅野綾花 橘画廊
浅野綾花(あさの・あやか)1985年静岡県生まれ、2008年大阪芸術大芸術学部卒。
<主な個展>
2017年 YIRI ARTS(伊日藝術)Taichung Space「お別れの時」
2016年 浅野綾花展「もう一度会ってから、グッバイね。」橘画廊(東京)
2015年 「浅野綾花展 Uターンのまなざし」橘画廊(大阪市)
2013年 「浅野綾花展 ちょっとかなしい」橘画廊(大阪市)
2011年~Gemma(焼津市)、番画廊(大阪市)、Gallery H.O.T(同)、gallery & space SIO(同)、Venga(ソウル)など

寺村サチコ展「多分まだ、花は咲かない」

Sachiko Teramura Tachibana Gallery 寺村サチコ 橘画廊
Sachiko Teramura exhibition
2017年5月24日~6月4日(正午~午後7時、月・火曜休)

花や海の生き物を造形上の参考にしながら、シルクオーガンジーを素材に絞り染めの技法で立体を制作する寺村サチコ。今回の橘画廊での個展では、多年草イヌサフランからインスピレーションを得た新作群を披露します。寺村によると、「いのちの美しさとその裏側」「女性の花ざかり」をテーマに、表と裏、光と影が溶け合う解放感も表わします(画像は制作中の作品の部分)。

イヌサフランに興味を持ったのは昨年秋、球根を買って自宅の隅で(土に植えず)栽培を始めたのがきっかけでした。やがて芽を出し、淡い紫の花が咲きましたが、球根の方はタマネギの皮のようなつるりとした皮が破れ、ジャガイモのつぶれたような形にシミができていました。透明感のある美しい花と妖怪みたいなグロテスクな球根の対比に驚き、全力で生きようとする植物の姿に感心しました。

これまでもスイートピー、レンゲソウ、ノイバラなど、さまざまな植物をイメージソースに使ってきましたが、植物が花の色や形、大きさを変えて昆虫や鳥を誘い、それらを介して受粉する有性生殖に主な関心がありました。しかし今回は、植物の生殖の戦略だけでなく、親が球根に残した養分を使って子が育ち、花を咲かせる姿、つまり世代間の命の受け渡しにも目を向けています。

寺村にとっての変わらないテーマは「若い女性の美と醜」であり、植物のふるまいをある程度擬人化して表現するのは従来と同じです。イヌサフランの球根がグロテスクに変貌し、身を削って花を咲かせているのだとすれば、人間の女性もシミやしわを作りながら花を咲かせようとしているのではないか。それこそ花ざかりなのではないか。そうした問題意識を造形に託しています。技法は10年近く探究しているシルクの絞り染め。すべての作品は布を染めつつ形を記憶させる方法によって、平面である布を立体に変化させています。

寺村は4月22日から6月25日まで(5月1日を除く月曜休)、群馬県立近代美術館の企画展「群馬の美術2017―地域社会における現代美術の居場所」にも出展しています。

寺村サチコ(てらむら・さちこ) 1986年兵庫県生まれ、2010年多摩美術大美術学部卒、11年前橋アートコンペライブ・グランプリ。12年多摩美術大大学院美術研究科修了。
<主な個展>
2017年 「多分まだ、花は咲かない」橘画廊(東京)
     ホテル・シーショアリゾート(たつの市)
2016年 「〜まどわし、赤〜」EARTH + GALLERY(東京)
       「繰り返さないリピート」Hasu no hana(東京)
2014年 「utopia」Hasu no hana(東京)
2013年 「MY SWEET FLOWERS」橘画廊(大阪市)
2012年 「今夜は女の子」橘画廊(大阪市)
2011年  赤穂市立図書館ギャラリー(赤穂市)

伊東敏光、イタリアでグループ展

伊東敏光が5月28日から6月30日まで、イタリア北部、ロンバルディア州のマントバでグループ展に参加します。会場は、建築家が運営する大型ギャラリーのGalleria DISEGNO。「なにがアートなの? 【第一章】形の根拠を探して」をテーマに、日本とイタリアのアーティスト合わせて11人が出展します。

5月28日には、参加作家に美術史家のトンマーゾ・トリーニ氏、写真家の港千尋氏を交えたパネルディスカッションも開かれる予定です。

 

寺村サチコ、群馬県近美に出展

寺村サチコ Sachiko Teramura
テキスタイルアーティストの寺村サチコが群馬県立近代美術館の企画展「群馬の美術2017―地域社会における現代美術の居場所」に参加します。会期は2017年4月22日から6月25日まで(5月1日を除く月曜休)。群馬を拠点に活動する現代美術作家の活動を紹介し、地域と現代美術のかかわりを考える内容で、白川昌生、みねおあやまぐち、田畑信之、小野田賢三ら15人が出展します。

寺村は「投げつけられたトマト」(2017年、シルクオーガンジー、絞り染め、型染め)、「彼女が消える夜」(2015年、同)など8点を出品。5月21日(日)午後2時からは、同館で出展作家にゲストを交えた座談会に登壇します。寺村は5月24日から東京の橘画廊で個展を開きます。

独ヘッセンで千葉麻十佳展

Madoka Chiba 千葉麻十佳
千葉麻十佳が6月11日から7月16日まで、独ヘッセン州ラウターバッハのホーハウス美術館(Hohhaus Museum Lauterbach )で個展「1000 Grad」を開きます。展覧会タイトルの「1000 Grad(1000度)」は石が溶ける温度。千葉は特殊なレンズを使って太陽光を集光し石を溶かしている様子の映像と、溶かされた石の作品「Melting Stone」(画像は部分)、虫眼鏡でカンバスを焼いた作品「Light」、太陽光の紫外線で布を退色させた作品などを出展します。

ラウターバッハはフランクフルトとカッセルの中間にある小都市です。カッセルでは6月10日から、5年に1度の現代アートの祭典ドクメンタが開かれます(9月17日まで)。ホーハウス美術館は月曜休館。

千葉麻十佳(ちば・まどか) 1982年北海道生まれ、2007年東京芸術大美術学部彫刻科卒、サロン・ド・プランタン賞と平山郁夫賞を受賞。09年東京芸術大大学院彫刻専攻修了、09~10年ベルリン芸術大留学。16年橘画廊で個展「The Melting Point; 石がゆらぐとき」

Pages: 1 2 Next