稲田早紀展

Saki Inada Tachibana Gallery
Saki Inada Exhibition
2012年10月15日~27日(日曜休)

「本物のようにみずみずしい」とか「香りが漂ってきそうだ」という言葉は、花の絵をほめるときの常套句ですが、稲田早紀の作品にはあてはまりません。みずみずしくはないし、花の香りも感じられないからです。では、シーレのヒマワリのように枯れているかというと、そうでもありません。おそらく稲田の作品を形容するには別の言葉がいるのでしょう。

切り落とされた赤紫のアジサイの絵(写真、2012年、130.3×162.1センチ、カンバスにアクリル、墨)。最近の彼女の作品としては、これでも鮮やかな方かもしれません。墨による黒い線はカンバスを焼いていたころの灰の色の「名残」なのだそうです。絵画を説明する文脈で「焼いていた」という言葉が出てくると違和感がありますが、学生時代の彼女はトラウマのせいで本当に絵を燃やしていたのだといいます。

アジサイばかりでなく、チューリップにせよシロツメクサにせよ、稲田が描く花からは肉感的な要素がそぎ落とされています。求めているのは、花がしおれる寸前の美しさなのでしょう。切り落とされているから死んでいるのか、切り落とされているけれど生きているのか。そうした境界線上の表現こそ彼女が苦心している点です。

本人いわく、目標はミイラのロザリア・ロンバルド。イタリアのパレルモにあり、世界で最も美しいといわれるミイラです。黄色いリボンをつけた少女のミイラは眠っているようにも見えます。このミイラを理想として生と死のはざまをとらえようとしている稲田にとって、「本物のようにみずみずしい」花を描かないことは、はすに構えたアイロニカルな表現などではないのです。それはむしろ本物にはない美を模索する積極性の表われだといえます。100号のアジサイの絵2点を含め18点を出品します。
(月~金曜正午~午後7時、土曜正午~午後5時)

稲田早紀(いなだ・さき) 1988年大阪生まれ、2011年京都市立芸術大卒。2010年GALLERYはねうさぎ(京都市)で個展、11年art gallery そら(大阪市)で個展、12年アートフォーラムJARFO(京都市)で個展。