刀川昇平展 Life

Shohei Tachikawa Life Tachibana Gallery
Shohei Tachikawa Exhibition
2012年12月10日~22日(日曜休)

ラグビーボールみたいな楕円形。それは若手画家、刀川昇平が学生時代、抽象画の課題を描いていたときに自然と出てきた形でした。作品にはその全体が出てきたり部分が出てきたりします。爆弾のようにも見えるし、種子のようにも見えるでしょう。本人は「ただ、なんとなくやすらぐ形」だと言いますが、彼の作品のトレードマークともいえる存在です(画像の作品は130.3×162.1センチ、パネルに綿布、珪藻土、アクリル)。

「一粒の麦もし死なずば、唯一粒にてありなん。死なば多くの実を結ぶべし」。深読みすれば、そんな言葉が頭に浮かぶかもしれません。麦粒の数を直接増やすことはできませんが、地に落ちて発芽し、植物として成長すれば、たくさんの麦粒を生み出します。一粒の麦がたくさんの麦に変わるためには、発芽した後も、茎を伸ばし、花を咲かせるといった回り道が必要ですので、時間の経過も思わせます。

刀川の一部の立体作品のモチーフである楕円球は下が黒で、上が白。これには、彼の故郷である広島の歴史が影響しています。広島に原爆が投下された後、75年間は草木が生えないといわれながらも、その年の秋には植物が芽吹きました。そんなことを考えながら彼の作品と向かい合うと、この楕円球が爆弾による破壊と種子による再生の両義性を持つモチーフとして見えてきます。

今回の個展では、絵画と立体の両方を出品します。絵画は、つやを消すために珪藻土を使った下地にアクリル絵の具の薄塗り。背景や葉の輝きに明るさが感じられ、からみあう有機的な線に特徴があります。一部の立体には、ひょろりと伸びた桐の枝が使われていますが、皮をむいてバーナーで焼いた部分はきれいな黒。こうした黒と白の表現にも作家としてのこだわりがうかがえます。 (月~金曜正午~午後7時、土曜正午~午後5時)

刀川昇平(たちかわ・しょうへい) 1983年広島県生まれ、2006年大阪芸術大卒。 <主な個展> 05、06、08年ギャラリー白(大阪市)、09年ギャラリーG(広島市)、09、11年Art Space HAP(同)、10年ジノ・コンガン(韓国ソウル)。10、12年ヱビデンギャラリー(広島市)。