宮本佳明「福島第一さかえ原発」

Katsuhiro Miyamoto The Fukushima No.1 Sakae Tachibana Gallery
2013年8月10日~10月27日、あいちトリエンナーレ

名古屋の中心部に福島第一原発があったらどのように見えるのか。建築家、宮本佳明が国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2013」(8月10日~10月27日)で、福島第一原発をモチーフにした新作インスタレーション「福島第一さかえ原発」を披露します。メーン会場である愛知芸術文化センターの地下2階から地上10階までを使い、同原発のフォルムを描く展示です。

インスタレーションの素材は赤と黄のカッティングシート。巨大な吹き抜け空間がある同センターの床、壁、天井などに、幅5センチのテープ状にしたシートを貼り、福島第一原発の原子炉格納容器、原子炉圧力容器、炉心それぞれの断面線などを実物と同じ寸法で示します。鑑賞者はロビーや吹き抜けのバルコニー、ガラス張りのエレベーターの中など任意の場所から張り巡らされたテープを眺め、原発の大きさを想像することができます。

宮本は福島第一原発の建屋が同センターの建物にすっぽり入ることに着目し、インスタレーションを考えました。「原発」といっても、テレビやパソコンの画面でしか見ていなければ現実の問題として向き合うのも容易ではありません。そこでまず原発の大きさを体感してもらうのが作品の狙いです。

建築家の視点で原発の図面を検討し、わかったこともありました。例えば「建屋が格納容器を支えているのではなく、格納容器が建屋を支えていること」がその一つです。宮本によると、建屋自体はきゃしゃな構造で、その機能は作業のための内部空間の確保だけです。このあたりが「建物」ではなく「建屋」と呼ばれる理由なのかもしれません。

同センターの8階ギャラリーには、2012年に話題を呼んだ「福島第一原発神社」を展示します。「福島第一原発神社」は、同原発の建屋にアイコンとなる和風屋根を載せ神社として丁重に祀(まつ)るプロジェクトで、同年3月、橘画廊で発表。秋には、会津・漆の芸術祭2012(福島県主催)でも展示しました( 「原発神社」デザインの背景)。今回の展示が3か所目です。

宮本佳明(みやもと・かつひろ) 1961年兵庫県生まれ、87年東大大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了。96年第6回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展(共同作品)金獅子賞。現在、大阪市立大大学院教授。