福元章子トークイベント


福元章子日本画展の期間中(11月4~29日)、ゲストをお招きしてトークイベントを開きます。お気軽にご参加ください。入場無料、出入り自由ですが、椅子が15脚ほどですので、できるだけ予約をお願いいたします。TEL 06-6532-4395。E-mailは右のお問い合わせフォームから送信できます。 

第1回「絵描きの準備力」 ゲスト:竹内浩一氏(日本画家・元京都市立芸術大教授)
11月4日(火)午後4時~

日本画の制作にはスキルを高めるための努力の継続が欠かせない。また1点の本画を描くごとに、作業の面でも精神的な面でも入念な準備が必要である。一つ一つは「言われてみれば当たり前」のことなのかもしれないが、「言われてみれば当たり前」のことが言われることはめったにない。画家は長期と短期でどのような準備をするべきなのか。先生と教え子が聞きたいことをぶつけ合う。 
終了しました。→http://junichichiba.sblo.jp/article/105279855.html

第2回「美点を見つける」 ゲスト:大西平一氏(異業種交流会主宰・結婚カウンセラー)
11月15日(土)午後5時半~

結婚カウンセラーはクライアントの美点を、日本画家は人や自然の美しいところを見つけ出す。良いところを見なければ仕事が成り立たないのが両者の共通点。日本人が陥りがちな、どこが悪いのかといった問題発見型の思考を超え、どこが良いのか、何が美しいのかといった視点で仕事に取り組む2人が語り合う。うわべだけの良さにとどまらず、ゆるぎない美点を掘り起こす苦しみと楽しみもテーマに。 
終了しました。→http://junichichiba.sblo.jp/article/105697388.html

第3回「死ぬのは怖いか」 ゲスト:黒木杏紀氏(美術ライター)
11月22日(土)午後4時~

福元章子の作品には静かに眠る女性が登場するが、実は彼女たちは死者である。人間は必ず死ぬ。古くから多くの芸術家がそうであったように、その非情な現実は福元の想像力を刺激し、制作を動機づけた。芸術家が「死」を取りあげる背景には恐怖をコントロールしたいという意識があるともいわれるが、彼女の場合はどうか。心理カウンセラーとしてカウンセリング5000件以上の実績を持つ美術ライターが読み解く。
終了しました。→http://junichichiba.sblo.jp/article/105924905.html