宮本佳明「福島第一原発神社」、神戸で展示 1/10~

建築家、宮本佳明の作品「福島第一原発神社」が2015年1月10日から18日まで、デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO、神戸市中央区)で展示されます(13日休)。「加川広重 巨大絵画が繋ぐ東北と神戸プロジェクト」の一環です。「福島第一原発神社」は、事故を起こした福島第一原発の原子炉建屋にアイコンとなる和風屋根を載せ神社として祀(まつ)るプロジェクト。宮本はその200分の1の模型を製作しました。展示は2012年の橘画廊(大阪市)、「会津・漆の芸術祭2012」(福島県)、2013年の「あいちトリエンナーレ」(愛知県)に続いて4回目です。