三越本店で河合真里展 2月21日~3月6日


東京都中央区の日本橋三越本店で若手油彩画家、河合真里の個展「model」が2018年221日から36日まで開かれます(会場は本館6階アートスポット)。作品のモチーフは、既存のイメージを借りながら、描いては見て、見ては描いてを繰り返して生まれた「架空の存在」たち。ほとんど新作で構成し、約15点を出品します。画像は「hold(2017年、油彩、カンバス、19×27.3㎝。
 

河合真里(かわい・まり) 1987年兵庫県生まれ、2012年武蔵野美術大大学院造形研究科美術専攻修了。同年トーキョーワンダーウォール準大賞を受賞。
<主な展覧会>
2017年 個展「images(橘画廊/東京)
2016年 個展「naming」(数寄和/東京)
2015年 個展「project N59」(東京オペラシティアートギャラリー)
2013年 個展「TWS-Emerging210 層の記憶」(トーキョーワンダーサイト本郷)