ART OSAKA 2018

福元章子 橘画廊
7月に開かれる日本最大のホテル型アートフェアART OSAKA 2018に出展します。ホテルグランヴィア大阪26階の6316号で、浅野綾花(版画)、福元章子(日本画)と千葉麻十佳(写真、立体)の作品を紹介します。上の画像は福元章子「尚も動くは心ばかりよ」(2017年、麻紙、岩絵の具、27.3 x 45.5 cm)、下の画像は浅野綾花「わたしのところへおいで」(2017年、エッチング、コラージュ、
72.8 x 103 cm)。

日時: 7月6日(金)午後2~8時(プレビュー)
      7月7日(土)午前11~午後8時(一般公開)
      7月8日(日)午前11~午後7時(一般公開)
会場: ホテルグランヴィア大阪26階(JR大阪駅直結)
出展ギャラリー数: 54
入場料: 1,500円

Ayaka Asano Tachibana Gallery 浅野綾花 橘画廊
浅野(あさの・あやか) 1985年静岡県生まれ、2008年大阪芸術大芸術学部卒。16年個展「もう一度会ってから、グッバイね。」(橘画廊/東京)、17年個展「お別れの時」(YIRI ARTS Taichung Space/台湾)、個展「僕の秘密を教えてあげる」(橘画廊/東京)。

福元章子(ふくもと・しょうこ) 1984年大阪生まれ、2010年京都市立芸術大大学院美術研究科絵画専攻日本画修了。 14年個展「毛虫と女」(橘画廊/大阪)、15年個展「夢から来て夢へ帰る」(同)。

千葉麻十佳(ちば・まどか) 1982年北海道生まれ。2007年東京芸術大美術学部彫刻科卒、サロン・ド・プランタン賞と平山郁夫賞を受賞。09年東京芸術大大学院彫刻専攻修了。09~10年ベルリン芸術大留学。現在ドイツ在住。16年個展「The Melting Point; 石がゆらぐとき」(橘画廊/東京)、18年栃木県立美術館の企画展「ウェザーリポート」に出展。