過去の展覧会

AiPHT PLUSに内田涼 2020年2月17日~

内田涼 橘画廊
ART in PARK HOTEL TOKYO 2020に出展予定のアーティストを紹介する特別展「AiPHT PLUS(アイファット・プラス)」に内田涼が参加します。

内田は皮膜の層を重ねたような抽象絵画を制作するアーティストです。画面と向き合う緊張感の中でモチーフの形や配色を決めることと、カンバスを回転させ、上下左右の方向を入れ替えながら描くことが特徴です。その特徴が表れた作品「形態aの提案#3」(画像、2019年、60.6×60.6 cm、アクリル、カンバス)など3点を25階エントランスに展示します。

会期は2020年2月17日~3月21日(会期中無休、午前11時~午後8時)。会場は東京・汐留のパークホテル東京25階ロビーと31階アーティストフロアです。他の出展作家は三沢厚彦、ヤマガミユキヒロ、厚地朋子ら17人。入場無料。

内田涼(うちだ・りょう) 1989年静岡県生まれ、2015年武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒。2019年個展「Ryo Uchida―Open Studio―」 (Artist Support Project/インドネシア・ジョグジャカルタ)、個展「或る接触」(つつじヶ丘アトリエ/東京)。19年NONIO ART WAVE AWARD 2019 準グランプリ受賞。

*ART in PARK HOTEL TOKYO 2020は3月19~21日に開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で9月に延期されました。AiPHT PLUSは予定通り開催しています。

 

福島で千葉麻十佳展

福島市のギャラリー・オフグリッドで千葉麻十佳の個展「光が射す」が開かれます。会期は2019年11月8日から2020年1月31日まで(土日休、12月28日~1月5日休)。赤と青のLEDライトによって植物の成長を促す「Utopia」(2019年、LEDライト、粟、シャーレ、ポリマー)など新作4点を出品します。

ギャラリー・オフグリッドは福島市荒町4―7  県庁南再エネビル3F。

ART in PARK HOTEL TOKYO 2019

Toshimitsu Ito
3月に東京・汐留で開かれるホテル型アートフェアART in PARK HOTEL TOKYO 2019に出展します。パークホテル東京26階の2607号で、伊東敏光(彫刻)、芝田知佳(染色)、浅野綾花(版画)の作品を紹介します。上の画像は伊東敏光「ヒルズ―ママン」(2017年、木、59 × 62 cm)、下の画像は芝田知佳「夏の夢」(2016年、綿、ポリエステル、シルクスクリーン、コラージュ、36.5 × 36.5 cm)。

日時: 3月8日(金)午後2~9時(プレビュー)
    3月9日(土)正午~午後9時(一般公開)
    3月10日(日)正午~午後7時(一般公開)
会場: パークホテル東京26、27階
出展ギャラリー数:42
入場料:1,500円

伊東敏光(いとう・としみつ) 
1959年千葉県生まれ。87年東京芸術大学大学院美術研究科修了。2006~07年米ペンシルバニア大学大学院で在外研修。現在、広島市立大芸術学部教授。国内外で個展、アートプロジェクトへの出展多数。2018年には平昌文化五輪の公式行事「ファイア・アートフェスタ2018」(韓国江陵市)でインスタレーション作品を制作した。16年に続いて19年も瀬戸内国際芸術祭に参加予定。

芝田知佳「夏の夢」 橘画廊2607
芝田知佳(しばた・ちか)
1984年兵庫県生まれ。2009年東京芸術大学大学院美術研究科修了。13年橘画廊で個展「YY/MM/dd」、14年ART OSAKA 2014で個展「La Mer Hotel Ebi」。15年橘画廊で「夢展 芝田知佳」。11年以降、龍野アートプロジェクト(たつの市)などに出展。18年には龍野アートプロジェクト in クラクフ(ポーランド)にも参加した。

浅野綾花(あさの・あやか) 
1985年静岡県生まれ、2008年大阪芸術大芸術学部卒。16年個展「もう一度会ってから、グッバイね。」(橘画廊/東京)、17年個展「お別れの時」(YIRI ARTS Taichung Space)、個展「僕の秘密を教えてあげる」(橘画廊/東京)。18年個展「Something the city told me」(gallery JAC/ソウル)。

 

PREVIEW AiPHTに浅野綾花


ART in PARK HOTEL TOKYO 2019(3月8~10日)に出展予定のアーティストを紹介する特別展「PREVIEW AiPHT(プレビュー・アイファット)」に浅野綾花が参加します。会期は2019年2月18日~3月10日(会期中無休、午前11時~午後8時)、会場は東京・汐留のパークホテル東京25階ロビーと31階アーティストフロアです。

浅野は25階エレベーター周りで、銅版画とシンコレ(支持体の紙に別の紙片やプラスチック片などを貼りつけながら刷る技法)による作品6点を出品します。他の出展作家は森村泰昌、小林孝亘、加藤智大ら16人。入場無料。画像は「君と紅茶の季節」(2015年、銅版画、シンコレ、76.1 x 61.1 cm)。

芝田知佳、龍野アートプロジェクトに出展

芝田知佳が兵庫県南西部の、たつの市で開かれる「龍野アートプロジェクト2018 混成軌道」に出展します。会期は11月8~18日(12日休)。芝田は三木露風生家で新作「2018/ 05-06 山積用事仕事下垂瞼甘受肥大微睡図」(2018年、ポリエステル、綿、顔料、染料、金箔、サイズ可変)を展示します。同プロジェクトは市内の武家屋敷などを会場に2011年から毎年開かれ、今年はポーランド出身のC.T.ヤスパー、ヨアンナ・マリノフスカらを含め十数人のアーティストが参加します。

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...22 23 24 Next