過去の展覧会

神戸アートマルシェ2022に出展


橘画廊は5月に開かれるホテル型アートフェア「神戸アートマルシェ2022」に出展します。アーティストは福元章子(日本画)と浅野綾花(版画)。部屋は六甲山側の1346号です。同フェアへの出展は2013年以来9年ぶりです。

日時: 2022年5月13日(金)〜15日(日) 11:00~19:00
会場: 神戸メリケンパークオリエンタルホテル13階
入場料: 1,000円 (3日通し券)

FUKUMOTO Shoko Tachibana Gallery
福元章子は人物や花、昆虫などを繊細な色遣いで描く日本画家です。日本画は岩絵具など日本の伝統的な材料を用いて制作する絵画で、絵具を塗るのではなく置くようにして画面に定着させる描き方にも特徴があります。福元は日本画の装飾性を保ちながらも、美しいのにどこかしら不穏なものを感じさせるような両義性を持つ作品や、想像力を刺激して瞑想的な浄化へと誘う作品を制作しています。 

福元章子(ふくもと・しょうこ)
1984年大阪生まれ、2010年京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻日本画修了。
<主な個展>
2015年 「夢から来て夢へ帰る」(橘画廊/大阪)
2014年 「毛虫と女」(橘画廊/大阪)
<主なグループ展>
2021年 大阪御堂筋アート2021(本願寺津村別院/北御堂)
2019年 大阪御堂筋アート2019(柏木工大阪ショールーム)
       青年美術家訪中団 参加(北京/敦煌、中国大使館文化部招請)
2018年 大阪御堂筋アート2018(りそな銀行御堂筋支店)
2016年 SYSTEMA BIENNALE(伊エミリア=ロマーニャ州モンテーゼ)
       Infinity Japan 2016プレビュー(台北101ロビー)

ASANO Ayaka Tachibana Gallery
 浅野綾花は文字の代わりに、色と形、物の存在感で感情を伝える、視覚の詩人ともいえるアーティストです。主に銅版画を制作していますが、友人や家族にもらった食品の包装なども素材として使っています。好きな人の顔の銅版画と、日常の痕跡である紙片の結合によって、隠れていた感情を思い起こさせます。

浅野綾花(あさの・あやか)
1985年静岡県生まれ、2008年大阪芸術大学芸術学部卒。
<主な個展>
2021年 「本と版画とそして君」(牛舎/尼崎市)
       「石たちのきらめき」(ODD ONE OUT/香港)
2020年 「町で一つ光ってる窓が、月かと思った」(Cumonos/大阪市)
2018年 「Something the city told me」(gallery JAC/ソウル)
2017年 「お別れの時」(YIRI ARTS Taichung Space)
       「僕の秘密を教えてあげる」(橘画廊/東京)
2016年 「もう一度会ってから、グッバイね。」(橘画廊/東京)

Art Scenes内の神戸アートマルシェ2022公式フェアページはこちら

https://art-scenes.net/ja/fairs/24/artworks

ALSMA EXPOに出展


2021年12月に開かれるオンライン展示会「ART & LIFESTYLE ONLINE EXPO(ALSMA EXPO)」に出展します。ALSMA EXPOは建築事務所、インテリアコーディネーターほか住宅関連産業などのビジネスパーソン向けのイベントで、今回が初開催。橘画廊は千葉麻十佳、刀川昇平、福元章子、芝田知佳、浅野綾花の作品を紹介します。

<イベント概要>
名称:ART & LIFESTYLE ONLINE EXPO(ALSMA EXPO)
会期:2021年12月10日(金)〜16日(木)
時間:10:00〜18:00(予定)
会場:https://www.alsma.jp/
主催:一般社団法人アートのある暮らし協会
出展ギャラリー数:約50

画像は芝田知佳「2014/04/21-2017/01/19胃腸虚弱満員電車通勤会社上司犬顔」(2017年、木製パネル、診断書、遅延証明書、折り紙、ペンキ、ポリエステル、綿、顔料、オパール加工、ドローイング、45.5×38×1.8cm×2)。

千葉 麻十佳
1982年 北海道生まれ
2007年 東京芸術大学美術学部彫刻科卒
2009年 東京芸術大学大学院彫刻専攻修了
2009-10年 ベルリン芸術大学留学

刀川 昇平
1983年 広島県生まれ
2006年 大阪芸術大学芸術学部卒

福元 章子
1984年 大阪生まれ
2010年 京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻日本画修了

芝田 知佳
1984年 兵庫県生まれ
2007年 女子美術大学芸術学部卒
2009年 東京芸術大学大学院美術研究科修了

浅野 綾花
1985年 静岡県生まれ
2008年 大阪芸術大学芸術学部卒

artTNZに出展(2020年9月)

橘画廊 浅野綾花
2020年9月に東京・天王洲の新しいアート複合施設「TERRADA ART COMPLEX Ⅱ」で開かれるアートフェア、artTNZ produced by AFT with APCAに出展します。橘画廊は3階のA-02で、芝田知佳(染色)、浅野綾花(版画)、内田涼(絵画)の作品を紹介します。メディアはさまざまですが、いずれも客観的なパースペクティブに頼らず「一人称一視点」を多用した作品です。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、入場は完全予約制です。予約はこちらから。artTNZに出品される作品の一部はアートフェア東京のウェブサイトでもご覧いただけます。https://artfairtokyo.com/artworks?fair_id=17

日時:9月17日(木)プライベートビュー
    9月18日(金)正午~午後7時(一般公開)
    9月19日(土)正午~午後6時(一般公開)
   9月20日(日)正午~午後6時(一般公開)
   9月21日(月・祝)正午~午後4時(一般公開)
会場:東京都品川区東品川 TERRADA ART COMPLEX Ⅱ 3F、4F
主催:一般社団法人アート東京
共催:一般社団法人日本現代美術振興協会
特別協賛:寺田倉庫株式会社
出展ギャラリー数:44
入場料:無料

橘画廊 芝田知佳 Tachibana Gallery
芝田知佳(しばた・ちか) 1984年兵庫県生まれ。2009年東京芸術大学大学院美術研究科修了。13年橘画廊で個展「YY/MM/dd」、14年ART OSAKA 2014で個展「La Mer Hotel Ebi」。15年橘画廊で「夢展 芝田知佳」。2011年以降、龍野アートプロジェクト(たつの市)などに出展。18年には龍野アートプロジェクトinクラクフ(ポーランド)にも参加した。

浅野綾花(あさの・あやか)  1985年静岡県生まれ、2008年大阪芸術大学芸術学部卒。16年個展「もう一度会ってから、グッバイね。」(橘画廊/東京)、17年個展「お別れの時」(YIRI ARTS Taichung Space)、個展「僕の秘密を教えてあげる」(橘画廊/東京)。18年個展「Something the city told me」(gallery JAC/ソウル)。

内田涼(うちだ・りょう) 1989年静岡県生まれ、2015年武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒。2019年個展「Ryo Uchida―Open Studio―」 (Artist Support Project/インドネシア・ジョグジャカルタ)、個展「或る接触」(つつじヶ丘アトリエ/東京)。19年NONIO ART WAVE AWARD 2019 準グランプリ受賞。

上の画像は浅野綾花「君となら楽しい」(2020年、銅版画、シンコレ、72.8×103cm)、下の画像は芝田知佳「アイドルとインドの神」(2019年、コラージュ、ドローイング、オパール加工、綿、ポリエステル、箔、フリマで買った天使の絵、37×43cm)。

AiPHT2020は中止


橘画廊が参加を予定していたホテル型アートフェア、ART in PARK HOTEL TOKYO 2020(AiPHT2020)は新型コロナウイルス感染拡大の影響により開催中止が決まりました。当初3月開催の予定が9月に延期されましたが、9月の開催予定もなくなりました。
(2020年7月7日)

AiPHT PLUSに内田涼 2020年2月17日~

内田涼 橘画廊
ART in PARK HOTEL TOKYO 2020に出展予定のアーティストを紹介する特別展「AiPHT PLUS(アイファット・プラス)」に内田涼が参加します。

内田は皮膜の層を重ねたような抽象絵画を制作するアーティストです。画面と向き合う緊張感の中でモチーフの形や配色を決めることと、カンバスを回転させ、上下左右の方向を入れ替えながら描くことが特徴です。その特徴が表れた作品「形態aの提案#3」(画像、2019年、60.6×60.6 cm、アクリル、カンバス)など3点を25階エントランスに展示します。

会期は2020年2月17日~3月21日(会期中無休、午前11時~午後8時)。会場は東京・汐留のパークホテル東京25階ロビーと31階アーティストフロアです。他の出展作家は三沢厚彦、ヤマガミユキヒロ、厚地朋子ら17人。入場無料。

内田涼(うちだ・りょう) 1989年静岡県生まれ、2015年武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒。2019年個展「Ryo Uchida―Open Studio―」 (Artist Support Project/インドネシア・ジョグジャカルタ)、個展「或る接触」(つつじヶ丘アトリエ/東京)。19年NONIO ART WAVE AWARD 2019 準グランプリ受賞。

*ART in PARK HOTEL TOKYO 2020は3月19~21日に開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で9月に延期されました。AiPHT PLUSは予定通り開催しています。

 

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...23 24 25 Next