過去の展覧会

芝田知佳展 La Mer Hotel Ebi

Chika Shibata La Mer Hotel Ebi Tachibana Gallery
Chika Shibata exhibition  La Mer Hotel Ebi
2014年7月12、13日、ホテルグランヴィア大阪6036号(ART OSAKA 2014) 

人の名前や地名など事実に関する記憶には正解があり、意識的に想起することができます。忘れたとしても、調べ直すことができるでしょう。しかし、いつ、どこで、何が起こったかといったエピソードの記憶は、ひとたび忘れてしまえば思い出すのが容易ではなく、想起したとしても歪曲される可能性があります。

実体験の記憶でさえ歪(ゆが)められるのだとすれば、対象のない知覚である(睡眠時の)夢の記憶は、記憶というにはあまりにも心もとない心理的経験なのかもしれません。芝田知佳はそうした非合理な「夢の記憶」を色や形に変換し、シルクスクリーンや染色などの技法を使って表現しています。

大きな地震が発生したにもかかわらず、何ごともなかったかのようにテーマパークのアトラクションが動き続けていた――。彼女はそんな夢を見たことがありました。視覚情報でもない、頭の中の出来事にからむ「あいまいなのに妙にリアルな感じ」。なぜかそこから、抽象模様である斜線とゆがんだチェック、そしてほぼ唯一の具象的イメージであるエビの群れが浮かんできました。

ART OSAKA 2014で個展形式で発表する「La Mer Hotel Ebi」はホテルの客室空間そのものが作品。芝田は、海沿いにある客室数20程度の小さなホテルの一室を思い描き、カーテンやベッドカバー、ランプ、カップなどをつくりました。非合理主義のシュルレアリスム(エビ)と合理主義の抽象的空間(斜線、チェック)。それらの対立がもたらす軽やかな不協和音が宿泊者を記憶の迷宮へと誘います。写真は「La Mer Hotel Ebi(部分)」。

芝田知佳(しばた・ちか) 1984年兵庫県生まれ。2007年女子美術大芸術学部卒、09年東京芸術大大学院美術研究科修了。13年橘画廊(大阪市)で個展「YY/MM/dd」

 

 

ART OSAKA 2014に参加

Ryushin Mitamura Tachibana Gallery
橘画廊は7月に開かれる日本最大のホテル型アートフェア「ART OSAKA 2014」に参加します。アーティストは河合美和(絵画)、長谷川浩子(彫刻)、三田村龍伸(写真・映像)、芝田知佳(染色)。部屋番号は6005号と6036号です。写真は三田村龍伸「ロマンティックウインターⅠ」(2013年、29.7×42センチ、インクジェットプリント)。

日時:7月11日(金)午後2~8時(プレビュー)
    7月12日(土)午前11~午後6時、13日(日)午前11~午後7時(一般公開)
会場:ホテルグランヴィア大阪26階(JR大阪駅直結)
出展ギャラリー:53
入場料:1,500円

Tachibana Gallery is proud to participate in  ART OSAKA 2014.
Room Number: 6005&6036
Artists: Miwa Kawai, Hiroko Hasegawa, Ryushin Mitamura , Chika Shibata
Date: July 11 Fri. (VIP preview)
         July 12 Sat., 13 Sun. (Public Open)
Venue: Hotel Granvia Osaka 26th floor
Participating Galleries: 53
Admission: ¥1,500/ 1 day pass
For details:
ART OSAKAwebsite

河合美和
1960年 兵庫県生まれ
1984年 京都市立芸術大美術学部卒
河合美和は「木と木の間」を描き、降り注ぐ光のイメージを表現する画家です。六甲山を歩いていて木漏れ日が差したときに、遠近感が失われ自分の立ち位置が揺らぐようなあいまいな空間を感じたことが制作のきっかけでした。いくつも重ねた「木と木の間」に自在に光を散らし、絵画ならではの複雑な奥行きを生み出しています。

長谷川浩子
1961年 新潟県生まれ
1988年 東京芸術大大学院美術研究科修了
長谷川浩子はヒノキ、マツ、サクラなどを素材に、翼を思わせる流線形や人の姿をかたどった彫刻を制作しています。胡粉(白色顔料)を塗ったなめらかな表面とシンプルなフォルムは優しさを感じさせます。そして彼女の祈りにも似た造形はあらゆる生き物に地下水脈のようにつながっている形をも思わせます。

三田村龍伸
1980年 神奈川県生まれ
2011年 日本大学大学院芸術研究科博士後期課程修了
三田村龍伸は写真と映像の撮影、加工を通して、自身の生活を記録するアーティストです。風景などの写真、映像を撮影後、コンピューターによって抽象的な形やカラフルな色彩を付け加え、動感や生命感を伴う肯定的なエネルギーを表現します。ART OSAKA 2014では、宮崎県の山中で目にした木漏れ日を主題にした映像の新作などを発表します。

芝田知佳
1984年 兵庫県生まれ
2009年 東京芸術大大学院美術研究科修了
2013年 橘画廊で個展YY/MM/dd
芝田知佳は染色、シルクスクリーン、ドローイングの技法を使い、軽やかな色彩で作家本人の記憶に刻まれたイメージを表現する現代美術作家です。ART OSAKA 2014の6036号室では、La Mer Hotel Ebiと題した個展形式で夢の中のような不条理な物語を展開します。

Miwa Kawai
Miwa Kawai, creator of Between the Trees, is a painter who presents images of downpouring light. Walking through Mount Rokko, when the sunlight filtering through the trees shines down, all sense of perspective is lost and you feel your own position swaying in an ambiguous space; that was the impetus of this work. Light scatters freely through numerous layers between the trees and creates the complex depth characteristic of this painting. 

Hiroko Hasegawa
Using materials such as Japanese cypress, pine and cherry tree, Hiroko Hasegawa creates streamlined shapes reminiscent of wings, and sculptures modeled on the human figure. The smooth surfaces painted with white chalk and the simple forms give a gentle impression. And these forms look like shapes evoking the connection, like underground currents of water, between all living things.

Ryushin Mitamura
Ryushin Mitamura is an artist who creates photographs and videos, and through the process records his own life. After shooting photographs and videos of landscapes, etc., Mitamura uses the computer to add abstract shapes and colorful tints, expressing positive energy full of feelings of motion and life. Mitamura’s new works, including those on the subject of witnessing sunlight filtering through the trees in the mountains of Miyazaki Prefecture will be exhibited at ART OSAKA 2014.

Chika Shibata
Chika Shibata is a contemporary artist who expresses the images carved from her recollections through light colors using the techniques of dyeing, silkscreen and drawing. At ART OSAKA 2014 in room 6036, Shibata will hold an one-woman exhibition entitled La Mer Hotel Ebi and will unfold her irrational tale like events seen in a dream.

 

世良京子展 天体の音楽

Kyoko Sera exhibition Songs of Spheres Tachibana Gallery 世良京子 橘画廊
Kyoko Sera exhibition Songs of Spheres
2014年6月3日~28日(日・月曜休、正午~午後7時、28日は午後5時まで)

2年前、12年ぶりに米国から帰国した世良京子は今回の個展で、ニューヨーク時代に制作した絵画の組作品を解体し、三次元のインスタレーションとして再構成する方法をとりました。カンバスを木枠から(部分的に、あるいは完全に)はがし壁面に展示するだけでなく、絵画を三脚に置いたり脚立に載せたりもしました。こうした展示によって彼女は、鑑賞者の視線を揺らす空間をつくり出しました。

インスタレーションの素材である作品は、記号的なイメージが印象的な絵画5枚を十字型に展示する「分裂のない生を求めて クロスモデル」シリーズです。例えば「クロスモデル 0-4」(下の写真)の中央の絵画には、惑星の軌道を思わせる線や放射状に広がる線がアクリル絵の具で描かれ、左の絵画には「Across the Universe」といった文字がやはりアクリルで描かれています。

 
クロスモデル自体は情報化社会での人間の統一の保ち方をテーマに、心理学も参照しながら制作したものですが、シリーズ3作品をバラバラにし再構成することによって、改めて作家の意識の下にあるものが現れてきました。ラインの密集と分散がもたらす心地よい感覚、宇宙や天体への関心。あえて作品の配置をあらかじめ考えず、ほぼ1週間かけてインスタレーションを仕上げた世良は「小宇宙みたいな感覚が生まれてきたのは自分でも驚きだった」と話しています。

カンバスにマスキングテープを貼ったように見せかけながら絵の具で描くなど、個々の絵画でみせる芸の細かさと、絵画の正面に三脚(これも作品の一部)を立てて奥行きを出す大胆な展示構成。庭を歩くように展示室を歩き回ると、さまざまな角度から作品が語りかけてきます。

世良京子(せら・きょうこ)
1957年 福岡県生まれ
1994年 第1回VOCA賞受賞
       「現代美術の展望-’94FUKUOKA 七つの対話」(福岡県立美術館)
1999年 「北九州ビエンナーレ 繰り返しと連続性の美学」(北九州市美術館)
2000年 文化庁新進芸術家海外派遣制度によりニューヨーク滞在
2001年 資生堂椿会展/SHISEIDO GALLERY (2005年まで5回)
        渡米、ニューヨークを拠点に活動
2007年 Making A Home- Japanese Contemporary Artist in New York (Japan Society, New York)
2008年 Kaleidoscope: Abstraction in 10 ways (The Harold B. Lemmerman Gallery, New Jersey City University, New York)
2012年 帰国

世良京子ステートメント

Kyoko Sera Tachibana Gallery
世良京子展 天体の音楽

Kyoko Sera exhibition
Songs of Spheres
2014年6月3日~28日(日・月曜休、正午~午後7時、28日は午後5時まで)

2000年代を通してニューヨークで活動した美術家、世良京子。ニューヨークでは、記号的なイメージのレイヤーが印象的な絵画5点を十字型に展示する作品「クロスモデル」に取り組んでいましたが、2012年に帰国後、それらを解体し再構成するインスタレーションに向かいました。今回の橘画廊での個展でも「クロスモデル」をベースにした新作インスタレーションを発表します。写真は、北九州市にあるアートスペース、Operation Tableでの世良京子「トンネルのむこうに」の展示風景(撮影=榊旻史)。以下は世良のステートメント。

「天体の音楽」のこと
今回、橘画廊で発表する作品のシリーズは、昨年11月、Operation Table(北九州市)から始まりました。始まったというよりも、これしかなかった、作品がなかった……なんていうのが正直なところです。 

2012年の6月にNYから福岡に居を移して1年以上も経つのに、とにかくのんびりしたいという気持ちばかりが働いていまして、その上に体の不調、各種の病気にもぞくぞくと見舞われますし、作り出したアトリエもなかなか完成しません。そういう状態でしたので、持っている作品を再構成してはどうだろうと。もうそれしかない、それしか今はできない……という感じでした。その(既存の)作品は絵画5枚を1組として十字に展示するクロスモデルという作品なのです。 

そんな情けない状況の中で始まった仕事ですが、結果、私としては驚きの、これからもずっと続けていこうと思えるくらいの作品として仕上がりました。作品の出方、創造というのは本当に面白いものだと改めて思います。そのような「おもいがけない」ことが起こるとき、作家という仕事にかかわったことへの幸福を感じます。「おもいがけない」なにかが、その空間を、場を変更するのを体験するとき、私は驚きながらもシーンと静まった心と、そして満ち足りて大きく広がる自己に遭遇します。 

そして、その「おもいがけない」ことの起こった作品が、その作品を見ていただく方々に同じような体験を少しでも促すことができるならと、こころから望みます。前回の発表では、Operation Tableの真武真喜子さんやお友達と私のNYでのライフの話などしながら「トンネルのむこうに」というタイトルをみんなで決めました。今回は千葉さんから「天体の音楽」という名をつけていただきました。高知県美の川浪さんが書いてくれたように、千葉さんもあの空間のなかでなにか音を聞かれたのだと思います。私ももちろん聞いています。 

創造というのは本当に不思議ですね。そして私たちはそれに伴ういろいろな知覚の経験をします。そのような不思議空間を乗り物とし作家として制作を続けていけたらと思っています。(2014年4月23日)
Operation Tableウェブサイトの川浪千鶴さんのテキスト共に
http://operation-table.com/sera.html

世良京子(せら・きょうこ)
1957年 福岡県生まれ
1994年 第1回VOCA賞受賞
       「現代美術の展望—’94FUKUOKA 七つの対話」(福岡県立美術館)
1999年 「北九州ビエンナーレ 繰り返しと連続性の美学」(北九州市美術館)
2000年 文化庁新進芸術家海外派遣制度によりニューヨーク滞在
2001年 資生堂椿会展/SHISEIDO GALLERY (2005年まで5回)
      渡米、ニューヨークを拠点に活動
2007年 Making A Home- Japanese Contemporary Artist in New York(Japan Society, New York)
2008年 Kaleidoscope: Abstraction in 10 ways(The Harold B. Lemmerman Gallery, New Jersey City University, New York)
2012年 帰国

伊東敏光、中国・広州でグループ展

Toshimitsu Ito Tachibana Gallery
伊東敏光が中国・広州53美術館で開かれるグループ展「拡張する地平」に参加します。会期は2014年3月29日から5月9日まで。伊東を含む十数人の日本人作家が現地で制作した作品を展示します。(2014年3月19日)

Pages: Prev 1 2 3 ...15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 Next